考古学

コウヤマキで優美一木造り - 儀礼用?木製椅子/橿原・新堂遺跡 5世紀前半

新堂遺跡から出土した木製の椅子。左のパネルは石見遺跡出土の椅子に座る男性埴輪=15日、橿原市川西町の「歴史に憩う橿原市博物館」 拡大

 橿原市新堂町の新堂遺跡で、5世紀前半(古墳時代中期)の木製の椅子が見つかり、同市教育委員会と県立橿原考古学研究所が15日、発表した。コウヤマキの一木造りで、儀礼の場で使われた可能性があるという。「優美なつくりで、全国的に見ても貴重な資料」としている。

 椅子は高さ約12センチ、幅約35センチ、奥行き約16センチの小型品で、一本のコウヤマキの木で作られている。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

書籍「倭国古伝」

プレゼント写真
提供元:古田史学の会
当選者数:3人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介