社会

鶏と人の関わり探る - 陳列「十二支の考古学」も/橿考研で「酉」講演会

特別陳列の資料も紹介しながら酉(鶏)について解説した講演会=7日、橿原市畝傍町の県立橿原考古学研究所講堂 拡大

 橿原市畝傍町の県立橿原考古学研究所講堂で7日、今年のえと「酉(とり)」の講演会が開かれ、約180人が参加した。同研究所付属博物館で開催中の特別陳列「十二支の考古学―酉―」にちなむ催し。

 栃木県在住の鳥類考古学者、賀来孝代さんが、弥生時代に日本に持ち込まれた鶏と人との歴史的なかかわりを特別陳列の資料も紹介しながら解説。鶏は夜の終わりを告げる鳴き声「鶏鳴(けいめい)」と縄張りを守るために勇敢に戦う性質から、魔物を払うような役割を与えられ、埴輪(はにわ)やさまざまな装飾に用いられたと説明した。…

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド