総合

奈良少年刑務所年度末閉鎖 - 建物 文化財指定の動き

来年3月末で閉鎖が決まり、建物の保存、活用が検討されている奈良少年刑務所の建物=奈良市般若寺町 拡大

 奈良市般若寺町の奈良少年刑務所が、来年3月末で受刑者の収容を停止し、閉鎖されることが分かった。同施設は少年刑務所としての役割を終えるが、明治建築の建物は歴史的な価値も高く、文化財指定に向けた動きも出ているという。今後は跡地の保存、活用をめぐって、地域ぐるみの検討にも注目が集まることになりそうだ。

 奈良少年刑務所は明治41(1908)年、千葉、長崎、金沢、鹿児島と並ぶ「明治5大監獄」の一つの「奈良監獄」として完成。放射状に並ぶ収容棟や正門など、当時の美しい赤レンガ造りの建物が現存している。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド