考古学

想定外の「拡大路線」 - 東大寺東塔基壇

発掘された東大寺東塔の基壇跡。中央の段差が鎌倉時代の階段跡=19日、奈良市雑司町の同寺 拡大
創建時の東大寺東西搭も描かれた鎌倉時代の絵図「東大寺縁起」=東大寺蔵、奈良国立博物館撮影 拡大

 奈良市雑司町の東大寺などの調査で、創建時よりも基壇が一回り大きかったことが分かった鎌倉再建期の同寺東塔。興福寺中金堂(同市登大路町)をはじめ、奈良の古代寺院は規模や構造を踏襲して再建されることが多く、専門家からも「想定外」の成果に驚きの声があがる。その背景には、大勧進を務めた高僧・重源の同寺復興に向けた熱い思いが、うかがえる。

 東大寺は治承4(1180)年、平家の南都焼き討ちにより伽藍(がらん)のほとんどが焼失。同寺創建以来の未曾有の危機を救うため、再建に立ち上がったのが重源だった。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良マラソン「第一生命メッセージボード」
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

企画展「姿の美、衣装の美…肉筆浮世絵」の招待券

プレゼント写真
提供元:県立美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報