総合

真夏の「元気印」8万本 - 五條・ヒマワリ

そろって開花した8万本のヒマワリ=1日、五條市上野町 拡大

 五條市上野町の遊休農地1万5千平方メートルで、市民が育てた8万本のヒマワリが開花した。同市みどり園温暖化対策係によると、見ごろは今週中。

 資源を有効活用し、ごみを減らす「資源循環型社会」の取り組みの一環。

 市の依頼で、市内の福祉施設「あすなろ園」やボランティア団体が栽培管理。給食の野菜ごみや刈り草からできたたい肥で土作りをした。

 ヒマワリ畑の中を通り抜ける遊歩道も作った。大勢の家族連れらが訪れ、夏気分を満喫している。

 和歌山県橋本市の会社員女性(26)は「8月生まれなので夏は大好き。ヒマワリを見ると元気が出ます」と笑顔だった。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

「復興を支える地域の文化」展の招待券

地域の復興を後押しする郷土芸能―鵜鳥神楽(国立民族学博物館提供)
提供元:国立民族学博物館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報