総合

計画遅延に質問相次ぐ - 奈良市会代表質問

 奈良市の6月定例議会は12日、三浦教次(奈良未来の会)、松田末作(自民党)、山口裕司(共産党)、宮池明(公明党)、内藤智司(改革新政会)の5氏が代表質問。仲川元庸市長は財源である合併特例債の期限が迫る火葬場建設について、本年度予定している土質調査などに遅れが出れば、計画に大きな支障が出るとの認識を示した。

 火葬場のほか、クリーンセンターの移転建設計画も地元の反発などで立ち往生している。三浦氏はクリーンセンターに関し、公害調停の合意事項に対し、事業が大きく遅れていると指摘。市長も「遺憾な状況」とし、「移転候補地の理解を得るようにしたい」と答弁した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

石内都「布の来歴-ひろしまから」 の招待券

入江泰吉「がくあじさい」1981年頃
提供元:入江泰吉記念奈良市写真美術館
当選者数:5組10人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報