総合

「飛鳥・藤原」考える - 講演会で魅力発信/世界遺産登録目指し

 県と橿原市・桜井市・明日香村で作る「世界遺産『飛鳥・藤原』登録推進協議会」は22日、橿原市小房町のかしはら万葉ホールで「世界に伝えたい飛鳥・藤原の魅力を考える奈良講演会」を開き、研究者の講演やパネルディスカッションがあった。

 東京学芸大学名誉教授の木下正史氏が「飛鳥・藤原はそれまでの古墳時代から律令国家へと変化を遂げた地。日本国の発祥地であり、多くのものが近代化を遂げた。いうなれば古代の文明開化だった」と地域の重要性を強調。奈良文化財研究所の杉山洋企画調整部長は「80年もの間、発掘調査が続けられ、数年に一度は歴史的発見がある。こんな場所は世界遺産にも例が無い。また、多種の遺跡と古代から変わらない景観がまとまって存在するのも特長」と地域の独自性を評価した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

人気小説「利き蜜師物語」の最終巻

プレゼント写真
提供元:産業編集センター
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド