総合

ムコダマシ復活のとき - 奈良で収穫期

収穫を前に大きく育った幻の粟「ムコダマシ」=7日、奈良市高樋町

 きょう8日は、二十四節気の一つ寒露。暦の上では草花などの植物に冷たい露が結ばれるころとされる。農作物の収穫も行われ、秋が深まってきた。

 寒露を前に7日、奈良市高樋町では幻の粟(あわ)と呼ばれる「ムコダマシ」が収穫期を迎えた。同町を中心とする五ケ谷営農協議会の会員の乾和彦さん(54)らが地区の特産にと育てた。

 5年ほど前から試験的に栽培し、今年初めて本格的に出荷できるまでになった。乾さんは「病害虫に弱く手間がかかるうえ、イノシシに食べられたこともあった。本格的に刈り取る前に台風が心配」と話していた。

 採れた粟は同町の「清澄の里粟」で創作和菓子「粟生」の原料となる。

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録

奈良新聞読者プレゼント

「朝鮮美術の精華」展の招待券

楊柳観音図 高麗時代 大和文華館蔵
提供元:大和文華館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ