総合

宇陀にカエデ植物園 - 世界の1200種1300本

世界のカエデを集めた「奈良カエデの郷ひらら」=宇陀市菟田野古市場の旧宇太小学校跡地 拡大
世界一細い葉をもつカエデ「フェアリーヘア」(中央)=宇陀市菟田野古市場の旧宇太小学校跡地 拡大

 世界から約1200種約3000本のカエデを集めた植物園「奈良カエデの郷ひらら」が28日、宇陀市菟田野古市場にオープンする。全国一の収集量を誇るカエデを核に、地域資源を生かした住民主体のまちづくりを目指す。

 カエデは奈良市の写真家矢野正善さん(77)が、アメリカやフランスなど世界各地から収集した。約1200種約3000本を集めると300坪の自宅の庭はいっぱいに。町おこしに活用してもらおうと平成17年、旧菟田野町に寄贈した。

 平成18年1月の町村合併を経て、宇陀市がカエデを地域活性化に生かそうと植物園整備を進めてきた。施設は地元住民らでつくるNPO法人「宇陀カエデの郷づくり」(会員約200人)が管理、運営する。

 ▽木造校舎を活用

 施設は平成18年3月に廃校になった旧宇太小学校跡地を利用。敷地面積は1万6千平方メートル。運動場を利用した展示ほ場(6000平方メートル)には、数多くのカエデの品種を植栽した。酸性雨に弱い品種はハウス内で管理する。

 昭和10年建築の木造校舎も活用。教室や家庭科室など当時の姿を残しながら、盆栽などの陳列や大学と連携した研究室、書庫などを置き、カエデの普及、研究施設とする。カフェやギャラリーのほか、地域住民の憩いの場となる多目的室もつくり、地域コミュニティーの拠点とする。

 ▽珍しい品種多数

 園内には「これもカエデなの?」と首をかしげたくなる種類も多い。

 手の平形の葉をイメージするカエデだが、アメリカ産「フェアリーヘア(妖精の髪の毛)」は細い葉をつけるのが特徴だ。

 春から夏にかけて赤やピンク、紫色の葉で彩られる「花まとい」、常緑の「花化粧」など色もさまざまで、紅葉や新緑の印象も覆される。

 カエデの収集量と希少類の多さに、矢野さんは「日本でこれだけの所はない」と胸を張る。ちなみにカエデは「トンボ型の種がなるもの」を指すという。

 ▽まちづくり期待

 周辺には本殿が国宝の宇太水分神社をはじめ、芳野川沿いの約500本の桜並木、平井大師山石仏などがある。同NPO法人では、カエデを核に一帯を観光資源として掘り起こし、活力のあるまちづくりにつなげたい考えだ。森本徳蔵理事長(78)は「都会からの交流人口を増やし、将来の雇用にまでつなげたい」と意気込む。

 開園時間は午前10時から午後4時まで。月曜定休。28日にはオープニングセレモニー(午前10時)やアトラクション(正午~午後4時)がある。

 問い合わせはNPO法人宇陀カエデの郷づくり、電話0745(84)2888。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド