社会

順慶、左近も使用か - 筒井城跡に大型石組み井戸跡

筒井城跡で見つかった円形の大型井戸跡=大和郡山市筒井町
 戦国大名・筒井順慶(1549~84年)の本拠地だった大和郡山市筒井町の筒井城跡で、廃城となる16世紀後半まで使っていたとみられる大規模な井戸跡が見つかっていたことが21日、分かった。調査を行った大和郡山市教委の山川均主任は「筒井順慶や島左近も使ったであろう井戸で、発掘調査で見つかった石組みの井戸としては日本最大級の規模」と話している。

 市教委が1月28日から3月31日まで、筒井城の中心にあたる部分で約100平方メートルを調査している。…

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ