スポーツ

県にプロバスケットチーム誕生へ - bjリーグに正式参入

プロ使用のバスケットボールを掲げてプロリーグ正式参入に喜ぶ同会の加藤会長(中央)ら=県庁 拡大

 日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)への参入を求めて活動していた「奈良にプロバスケットボールチームをつくる会」(加藤真治代表)は2日、同リーグへの正式参入が決まったと発表した。

 bjリーグは2005年にプロバスケットボール6チームでスタート。現在21チームが参入している。

 同会は05年に発足し、同年と06年にbjリーグ(本社・東京都港区)への参入に応募したが、審査結果は2度とも落選。今回、3度目の参入申請を行い、2日の審査会で青森と奈良が合格し、13、14年の2シーズンへの新規参入が認められた。

 県出身の加藤会長は奈良高校、京大、住友銀行とバスケットボール部に所属。宮城県の仙台を拠点にするプロバスケットボールチームの発足に参画した後、同会を発足させた。

 加藤会長は「7年前から活動を始め、やっと認められた。万感の思い。県民に愛されるチームをつくりたい」と抱負を述べた。

 今後、プロチームの運営会社を設立した後、チーム名、ホームゲーム会場などを決め、選手を集めてチーム編成(10~12人)し、13年10月からのリーグに参戦する予定。

 プロとしてバスケットボールの興行を維持するには、年間2、3億円の資金が必要といわれ、これを地元協賛企業の広告料や入場料などで賄っていくという。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良マラソン「第一生命メッセージボード」
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

企画展「姿の美、衣装の美…肉筆浮世絵」の招待券

プレゼント写真
提供元:県立美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報