総合

北野氏共産推薦出馬表明 - 荒井氏と一騎打ちへ/知事選

 次期知事選(3月24日告示、4月10日投票)で、共産党県委員会(沢田博委員長)などでつくる革新系市民団体「憲法をくらしに生かすあったか県政をつくる会」(西ふみ子代表)は8日、元共産党県議会議員の北野重一氏(73)の擁立を発表。北野氏は県庁で会見し、「福祉と暮らし最優先の県政への転換」を掲げ、「政治、社会への深い閉塞(へいそく)感の打開を図る」と述べた。無所属での出馬で、共産党が推薦する。同知事選には現職の荒井正吾氏(66)が再選出馬の意思を表明しており、構図は前回と同じ、荒井氏と「あったか県政」が擁立する新人候補との一騎打ちとなりそうだ。

 北野氏は「閉塞状況をどう打開するかが選挙の焦点。広がる貧困と格差の問題に県政がどう向き合うかが問われている」として福祉の充実など訴えた。荒井県政に対しては、県営プール跡地へのホテル誘致や奈良警察署移転計画などを挙げて「県民の要求から懸け離れ、トップダウンの思いつき構想が進められようとしている。暮らしを応援する県政に転換する」と批判。自身の政策として、国保料の引き下げ▽農・林業、地場産業の再生▽県庁職員の非正規雇用の是正―などを掲げた…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

第3回入江泰吉記念写真賞受賞記念「真鍋奈央『波を綴る』展」/入江泰吉写真展「奈良の世界遺産」

真鍋奈央の作品
提供元:入江泰吉記念奈良市写真美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報