社会

結崎ネブカのネッピーです - 甘~い伝統野菜PR/川西

「結崎ネブカ」の広報マンとして誕生したネッピーの着ぐるみ。上田直朗川西町長(右)と生産部会の宇野正増会長(左)=3日、県庁 拡大

 川西町の特産ネギ「結崎ネブカ」のキャラクター「ネッピー」の着ぐるみをJAならけん結崎ネブカ生産部会(宇野正増会長)が製作し、3日、県庁でお披露目した。

 結崎ネブカは伝統の大和野菜の一つ。柔らかくて甘味があり、煮炊きものに最適という。市場から一時姿を消していたが、平成15年度に復活。20年度には農林水産省の「農林水産物・食品地域ブランド化支援事業」の採択を受けた。現在、町内15軒で栽培されており、年間生産量は約10トン。近隣のスーパーなどで販売されている。

 着ぐるみは昨年、奈良市内で試食会が開かれたのを契機に、結崎ネブカのさらなるイメージアップをと、JAならけん結崎ネブカ生産部会で検討が始まり、約50万円の予算をかけて製作。同町は能楽の観世流の発祥の地ともされ、「ネッピー」の着ぐるみに合わせて、能楽の衣装と翁面も作った。

 「ネッピー」は7日に川西町の川西文化会館で開かれる「川西夏フェスタ2010夏祭り」に平城遷都1300年祭公式キャラクターの「せんとくん」らとともに出演する。

 結崎ネブカブランド化実行委員会会長の上田直朗川西町長は「各種イベントなどで活用し、ネブカのおいしさを知ってもらうようPRしたい」と話している。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良マラソン「第一生命メッセージボード」
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

企画展「姿の美、衣装の美…肉筆浮世絵」の招待券

プレゼント写真
提供元:県立美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報