今月のこよみ

8月のこよみ

 古都・奈良の夏の風物詩「奈良大文字送り火」(同保存会主催)が終戦記念日の15日夜、奈良市の高円山で行われる。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、今年は規模を縮小して実施。炎で描かれる「大」の文字の大きさは通常の半分程度になるという。
 戦没者を慰霊する目的で昭和35年に始まり、最近では災害で亡くなった人たちの冥福や世界平和も祈っている。
 今年は、奈良公園飛火野での一般の参加者を含めた慰霊祭を中止。春日大社(神式)と大安寺(仏式)で遺族ら関係者のみで営む。
 大文字送り火は火床の数を通常(108基)の約半分の56基に減らす。そのため「大」の文字の大きさも半分程度になる見通し。さらに「3密」を避けるため点火時間は非公表に。今年は新型コロナで亡くなった人たちの冥福も祈る。

8月のこよみ

拡大

奈良県内の動き

6日 極楽寺で広島大仏平和祈念式典(安堵町)※関係者のみ、式典は動画で配信予定
9日 東大寺で功徳日(奈良市)
15日 天平たなばた祭り(~23日・奈良市) ※開催内容を大幅に変更
13日 東大寺で万国天災人災物故者慰霊法要(奈良市) ※規模を縮小予定
15日 春日大社で中元万燈籠(奈良市) ※神職のみ、一般参拝者の拝観は停止
東大寺大仏殿で万灯供養会(奈良市) ※法要のみ
奈良大文字送り火(奈良市) ※規模を縮小
22日 霊山寺で施餓鬼・地蔵盆法要(奈良市)
23日 元興寺で地蔵会万燈供養(~24日、奈良市) ※法要は僧侶のみ
25日 西大寺で興正菩薩忌(奈良市)
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「美神降臨」展開催で入館招待券

絹谷幸二「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」2019年 スティロフォーム ミクストメディア
提供元:絹谷幸二 天空美術館
当選者数:10組20人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介