今月のこよみ

今月のこよみ

 入社・入学シーズンで希望に胸がふくらむ4月。奈良市高畑町の新薬師寺では8日夜、伝統行事「おたいまつ」が営まれ、燃え盛る大たいまつの火に参拝者は祈りを重ねる。
 東大寺二月堂の「お水取り」や薬師寺の「花会式」などと同じ修二会(しゅにえ)の法要。
 長さ約7メートルの大たいまつ10本と籠(かご)たいまつ1本が、僧侶11人の足元を赤く照らしながらゆっくりと先導。大たいまつに導かれて本堂に入った僧侶らは、十二神将像に囲まれた本尊・薬師如来坐像(いずれも国宝)の前で法要を営み、人々の罪を懺悔(さんげ)して世界の平和などを祈る。

奈良県内の動き

1日

法華寺でひな会式(~7日、奈良市)

宝山寺で大護摩会式(生駒市)

3日

橿原神宮で神武天皇祭(橿原市)

8日

花まつり(県内各地)

新薬師寺でおたいまつ(奈良市)

10日

金峯山寺蔵王堂で花供懺法会・花供会式(~12日、吉野町)

御所市議会議員選挙告示(17日投開票)

14日

当麻寺で練供養会式(葛城市)

18日

海龍王寺で四海安穏祈願法要(奈良市) ※規模縮小

天理教で教祖誕生祭(天理市)

19日

東吉野村長選挙、村議会議員選挙告示(24日投開票)

21日

大安寺で正御影供(奈良市)

29日

談山神社で春のけまり祭り(桜井市)

※新型コロナウイルス感染症の影響で変更の可能性あり。

屋上カメラ(若草山望む)

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録

奈良新聞読者プレゼント

文楽鑑賞教室の招待券

「仮名手本忠臣蔵」早野勘平腹切の段の一場面(国立文楽劇場提供)
提供元:国立文楽劇場
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ