詩集 南都憂愁

詩集 南都憂愁

▼ 詳細データ

A5判、上製本、本文104ページ

定価 :
1,540円(税込)
送料 :
310円
著者 :
山田武雄

地元愛に満ちた24の詩想

 奈良市在住の山添孤鹿(やまぞえ・ころく)氏による「詩集 南都憂愁」を発刊しました。
 平城宮跡や東大寺、薬師寺、法隆寺をはじめ地元・奈良の名所・旧跡・社寺などを舞台に、椋鳥(むくどり)、鷭(ばん)、燕、長元坊(ちょうげんぼう)など多数の野鳥や動物を登場させて、地元愛に満ちた詩想を展開しています。各種の年中行事も取り上げ、歴史的、文化的な背景を追うだけでなく、社会派的な視点で対象に切り込んでいます。
 3章24編の作品からなり、各章の扉には著者撮影の美しいカラーの風景写真が6点添えられ、読者がまるで古都に居るような臨場感を与えてくれています。
 著者は本名・山田武雄。関西学院大学名誉教授。アメリカ文学専攻の文学博士で、20世紀詩人 ロバート・フロスト研究で知られます。

出版物のお問い合わせ

窓口 奈良新聞社 出版係(平日10時~18時)
TEL・FAX TEL:0742-32-2117  FAX:0742-32-2773
MAIL publishing@nara-np.co.jp

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ