このページでは、Javascriptを使用しています

考古学


現在位置:トップページ> 考古学> 記事


柱穴列は大型建物 - 下層に「泊瀬朝倉宮」か

2012年6月20日 奈良新聞

掘っ立て柱建物と判明した柱穴列(手前)。調査区全面の下層には竪穴建物が見つかった=桜井市脇本の脇本遺跡(県立橿原考古学研究所提供)

 天武天皇の娘で伊勢神宮に仕えた大来皇女(おおくのひめみこ)が心身を清めた「泊瀬斎宮(はつせのいつきのみや)」があったとされる桜井市脇本の脇本遺跡で、前回調査で見つかった正方位に並ぶ柱穴が、東西棟の掘っ立て建物だったことが分かった。県立橿原考古学研究所が19日、発表した。

 前回調査では「コ」の字形に並んだ柱穴列を検出。「磯城・磐余の諸宮調査会」の調査(昭和59年~平成2年)で検出した7世紀後半の柱穴列(柵列)の延長線上にあることから、東西105メートルの二重柵と掘っ立て柱建物の二つの可能性が想定された。

 今回は前回の柱列の続きを確認した。その結果、建物の南西隅にあたる柱穴4基を検出。前回と合わせて東西8間(18・8メートル)、南北3間(8・0メートル)の掘っ立て柱建物になることが判明した。

 柱穴は長辺1・3~1・5メートルの隅丸方形。柱間は2・10~2・75メートルで、柱は直径36~50センチ程度が推定される。

 7世紀後半の柱列は泊瀬斎宮との関連性が指摘されていて、同研究所は「掘っ立て柱建物も泊瀬斎宮の一部である可能性がある」としている。

 その下層からは調査区全面にわたり、3、4世紀~6世紀の竪穴建物17棟を検出した。時期の特定できるものは、3、4世紀(4棟)▽5世紀前半(4棟)▽5世紀後半(4棟)▽6世紀(3棟)―に分かれる。

 脇本遺跡では5世紀後半、6世紀後半、7世紀後半の3時期に、大型掘っ立て柱建物が短期間存続し、その間を埋めるように竪穴建物が建てられたとみられていた。

 特に5世紀後半の大型掘っ立て柱建物は雄略天皇の「泊瀬朝倉宮」に関連するとされ、4~5世紀に存続した集落を5世紀後半の造成で削平し、宮をつくったという見解があった。井上主税主任研究員は「集落は断続するのではなく継続していて、集落の構成について再考が求められる」と話している。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

自民県連に高まる批判 - 奈良市長選の対応暗礁[2017.05.25]

行政相談、微増2006件 - 昨年度の県内[2017.05.25]

天理の高齢者見守り - JAならけん 市と協定締結写真付き記事[2017.05.25]

宗派の枠超えて 研究や僧侶育成 - 薬師寺と龍谷大が協定写真付き記事[2017.05.25]

バラ多種、咲き競い - 下市「大和ばら園」写真付き記事[2017.05.25]

利用者の考えを理解 - 生駒高生が障害者支援施設を訪問写真付き記事[2017.05.25]

就職内定率、過去最高 - 今春卒の県内大学生[2017.05.25]

新斎苑、都市計画決定 - 反対根強く難航必至[2017.05.24]

国文祭 障文祭 100日前 - 28日に奈良でイベント写真付き記事[2017.05.24]

早期確定へ「結集」 - リニア県期成 同盟総会写真付き記事[2017.05.24]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ