特集奈良の鹿ニュース

政治

奈良市クリーンセンター誘致要望書、策定委で検討へ 規制など要調査

関連ワード:

 奈良市の中町追分自治会が、市の新たなごみ処理施設(クリーンセンター)の建設地として追分梅林の土地活用を求め、市に要望書を提出したことについて、仲川元庸市長は27日の定例記者会見で、「来月開催に向けて日程調整している市クリーンセンター建設計画策定委員会の中で取り扱われると思う」と要望を検討する姿勢を示した。一方で、当該地区が開発調整区域で住宅地に隣接し、建物の高さや建ぺい率など制限される富雄風致地区(第2種)の規制がかかる点などを挙げ、「諸条件をしっかり調べる必要がある」と慎重な態度も見せた。

この記事の残り文字数:222文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド