このページでは、Javascriptを使用しています


奈良新聞WEB トップへ戻る
 
←次へ 前へ→
やまと建築詩

吉城園離れ茶室 (奈良市)

紅葉映える茅ぶき屋根

 

『 我妹子(わぎもこ)に  衣(ころも)春日の宜寸川(よしきがは)
                      縁(よし)もあらぬか  妹が目を見む 』


 と万葉集にも詠まれた宜寸川(吉城川)は、同園と北に隣接する依水園との境界を流れ、「吉城園」の名の由来ともなっている。

MainPhoto

▲紅葉が鮮やかな吉城園の日本庭園内にある離れ茶室


 東大寺と興福寺の寺領が入り組む地域で、この地は幕末、興福寺の子院、摩尼珠院(まにしゅいん)があったところといわれる。明治の廃仏棄釈で同院は民間の所有になった。

 大正8年に正法院寛之氏が所有者となり同年12月21日、現在の主棟が完成。離れ茶室や庭園もこのころに造られたようだ。敗戦後の昭和21年、米軍に接収され高級将校の宿舎になった。同36年に企業が買収し、諸設備の全面改修を行い迎賓館として使われた。同58年に県が古都用地・都市緑地として取得。再整備の後、平成元年4月から一般公開されるようになった。

▲L字型の縁側には深い庇が乗る。
ここから庭園を見ると風景は
額に入ったようにも見える

▲丸窓の脇には三畳の小間茶室


 日本庭園やスギ苔(こけ)自生地、苔の庭、野草園などで構成される約9000平方メートルの敷地に和風木造2階建ての主棟や離れ茶室、蔵などが点在している。離れ茶室は木造、茅(かや)ぶき平屋建てで、建物中央部に田の字型に和室四間と、三畳台目の茶室と三畳間の別の茶室がある。

 四間取りの和室のうち、最奥の八畳間にある床の間の床柱は南天柱。また、玄関に続く板間脇には、扁額に書かれた「羅浮山(らふさん)」の名の元になった手水(ちょうず)の立石も置かれている。茅ぶきの深い庇(ひさし)の下にはL字型の縁側があり、四季とりどりの庭園の風景が見渡せる。

▲玄関脇には「羅浮山」の名の
いわれとなった、
手水の立石が置かれている

▲床柱に南天柱を用いた広間



DATA

●  吉城園離れ茶室  ●

奈良市登大路町60の1

庭園の開園期間は3月20日から12月27日までの毎日。

開園時間は午前9時から午後5時まで。入園は同4時半まで。

入園料は高校生以上が250円、中学生以下と65歳以上、障害者手帳持参者は無料。

申込み・問合せ:国際奈良学セミナーハウス、電話0742(23)5821

情報が古くなっている場合がございますので、ご利用の際は必ず事前にお問い合わせください。

写真・文 本紙・藤井博信 (日本写真家協会会員)


会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ