このページでは、Javascriptを使用しています


奈良新聞WEB トップへ戻る
 
←次へ 前へ→
万葉車窓

大和朝倉-長谷寺(近鉄大阪線)

表情豊かな山々が連なる

大和朝倉―長谷寺(近鉄大阪線)

『 狂語(たはこと)か 逆言(およづれごと)か こもりくの 泊瀬の山に 廬(いほ)りせりといふ 』

 万葉集に出てくる泊瀬山(はつせやま)は特定の山ではなく、初瀬山(545メートル)をピークに巻向山や天神山など、このあたり一帯の山の総称だった。東西に延びる泊瀬の谷の両側に立つ山々は、高さや形などにそれぞれ表情を持つ。「走り出のよろしき山」は尾根の流れの美しい山、「いで立ちのよろしき山」は山容のすばらしい山と、古来たたえられてきた。

 「廬りせりといふ」の「いほり」は、仮小屋に斎(い)みこもることで、この歌では死んで葬られたことを歌っている。「隠国(こもりく)の」と歌われる泊瀬の地は、墳墓の地となり魂を鎮める場所となっていった。

 泊瀬山には広葉樹も多く、新緑のころは萌える緑が美しかった。11月の3週目となれば、紅葉も見ごろだろう、と思って出かけたが意外とまばら。針葉樹が多い山々はまだ緑だった。遠くに見える長谷寺は色づく境内のイチョウなどがうかがえた。山々を眺めていると近鉄大阪線の電車が通り過ぎていった。大和路の紅葉はこれから見ごろを迎える。


●参考図書=米田勝著「万葉を行く」(奈良新聞社刊)、和田嘉寿男著「大和の万葉歌」(奈良新聞出版センター刊)



写真・文 本紙・藤井博信 (日本写真家協会会員)


会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ