このページでは、Javascriptを使用しています
奈良新聞WEB トップへ戻る
 
←次へ 前へ→
万葉車窓

元山上口-平群(近鉄生駒線)

岩踏み分け越えた生駒山

元山上口-平群(近鉄生駒線)

 『 夕されば 茅蝉(ひぐらし)来鳴く 生駒山 越えてそ我(あ)が来る 妹(いも)が目を欲(ほ)り 』

 夏から晩夏にかけて、早朝や夕方に鳴くヒグラシ。「カナカナカナ」と、その声は物悲しい。歌は遣新羅使人(けんしらぎしじん)が、もう一度妻に会いたいとの思いを募らせ、難波で出航待ちの暇を見つけて奈良に帰るときの歌。

 『 妹に逢(あ)はず あらばすべなみ 岩根(いわね)ふむ 生駒の山を 越えてそ我が来る 』

 という歌もある。どちらも、ただ妻に会いたい一心で、岩を踏み分けて入るほどの生駒山を越えている。

 標高642メートルの生駒山は、大阪と奈良を隔てる生駒山地の主峰。山頂には遊園地や放送局の電波塔が林立し、遠くからでも一目で分かる。ふもとの生駒市は緑と町並みの調和した美しい町だ。今回の撮影地点は隣の平群町側から。こちらから見ると生駒山はなだらかな丘のように見える。ヒグラシが鳴くような夕暮れ時、残照に照らされた生駒山頂を背景に目の前を電車が通過した。


●参考図書=米田勝著「万葉を行く」(奈良新聞社刊)、和田嘉寿男著「大和の万葉歌」(奈良新聞出版センター刊)

写真・文 本紙・藤井博信 (日本写真家協会会員)

ページ上部へ移動

グラフ:目次ページに戻る

奈良新聞WEBトップに戻る


 

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ