このページでは、Javascriptを使用しています
奈良新聞WEB トップへ戻る
 
←次へ 前へ→
万葉の景色

三輪・桧原の春

心安らぐ癒やしの風景

夕日であかねに染まる桧原

▲夕日であかねに染まる桧原

 明日香路(3月17日付)に続く、万葉の花シリーズ。
「山の辺の道」も春の訪れは早く、花が咲き競う。モモの花が青垣の山肌をピンクに染める三輪・桧原(ひばら)の里はとりわけ、美しい。

 大神神社の摂社の一つ、桧原神社があり、太いしめ縄の内に木々に囲まれた三ツ鳥居がひっそりたたずむ。

 奥は三輪山。西に下り、井原池の堤に立てば春霞に浮かぶ大和三山(畝傍山、耳成山、香久山)を目の当たりに。

 そのはるか先に金剛、葛城の山々や二上山、少し離れて生駒の山並みが一望できる。モモの花越し、眼下には卑弥呼の墓説もある箸墓なども見える。背後には裾(すそ)を広げる三輪山が迫り、池に頂が映る。

 『 行く川の 過ぎにし人の手折らねば うらぶれ立てり 三輪の檜原は 』
柿本人麿歌集(巻7-1119)

 「過ぎにし人」は、この地を通り過ぎた旅びとだろうか。それとも、すでにこの世を去った人だろうか。いずれにしても哀愁がただよい、心にしみる。万葉びとにとっても、この地は聖地だったことが容易に分かる。

 今、山の辺は季節を問わず、ハイカーらでにぎわうが、この辺りはコース随一の景観であろう。春の草花を愛(め)で、眺めを楽しむことはもちろんだが、かなた稜(りょう)線に日が沈む夕方、山々が光輝くころは心安らぐ。

モモの花

▲ウメに続いて春を彩るモモの花。
万葉の時代から愛され、万葉集にも登場する。
らんまんの花、桧原の里(桜井市三輪)(4月上旬撮影)


カラスノエンドウタンポポレンゲ

▲タンポポやレンゲなど足元にはかれんな花々が咲き、緑もえる


写真と文 牡丹 賢治

ページ上部へ移動

グラフ:目次ページに戻る

奈良新聞WEBトップに戻る


 

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ