このページでは、Javascriptを使用しています
奈良新聞WEB トップへ戻る
 
←次へ 前へ→
万葉の景色

高見山越え

美景の山を彩る冬装束

高見山

▲雪雲に覆われた高見山。西日が一瞬差し込み、頂上付近を照らす。
ほんのつかの間の出来事で、またたく間に色を失った

 梅の便りが各地から届き、冬と春がせめぎ合う季節がやって来た。
が、標高1249メートルの高見山(東吉野村)は、まだまだ冬のたたずまい。"関西のマッターホルン"と呼ばれ、美しい三角形をした姿が自慢。三重との県境にそびえ、薄っすら雪が積もる山頂からの眺めは360度、視界を遮るものがない。

『 吾妹子を いざ見の山を 高みかも 大和の見えぬ 国遠みかも 』
石上麻呂(巻1-44)

持統6(692)年、天皇が伊勢に行幸。その折、同行して詠んだ。

 いざ見の山が高いからか大和の国が見えない。それとも国が遠いからだろうか…。

 「いざ見の山」には諸説あるようだが、大和と伊勢を結ぶ伊勢街道、高見峠の北、高見山が有力とか。

 青垣山に囲まれた大和。四方の国々に足を延ばそうと思えば、峠越えは不可欠。伊賀、伊勢に接し、そのはるか先が東国。東の国から召集された防人は、どの峠を越えてきたのだろうか。いずれも、たやすい行程ではない。今から思えば気が遠くなる。

 現在、東吉野村から高見峠を越え三重県に至るルート(国道166号)は、県境を全長2470メートルの高見トンネルが一気に貫く。路肩には雪が…。

 ちなみに県関係では阪奈トンネル(生駒市-大阪府東大阪市)、新川合トンネル(西吉野村-天川村)に次ぐ規模。

 高見山が真正面に見える木津峠はもっと手前。こちらもトンネルがあり、旧道からの眺めの方がきれいだ。便利な半面、風情が今ひとつ…。

 霧氷がきれいな冬山シーズンも残りわずか、来季は頂上を目指そう。

万葉歌碑

▲高見山を仰ぐ国道沿いには万葉歌碑があり、
ナンネンが彩りを添える

高見トンネル

▲三重との県境を一気に貫く高見トンネル。
取材当日は路肩に雪が残っていた


写真と文 牡丹 賢治

ページ上部へ移動

グラフ:目次ページに戻る

奈良新聞WEBトップに戻る


 

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ