このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


残土、最終処分場に - 市、公募待たず検討/奈良市新斎苑

2018年2月14日 奈良新聞

 奈良市が、新斎苑(火葬場)整備に伴い発生する大量の残土処分に、同市米谷町にある市土地改良清美事務所の最終処分場を利用する案を検討、地元自治会に打診していることが13日、市や関係者らへの取材で分かった。地元は受け入れについて態度を保留している。現在行われている2回目の公募型プロポーザルで残土処分は「事業者の提案」とされており、今月19日の公募締め切りを待たず、行政が率先する形で処分地確保に動いたことは、さまざな憶測を呼びそうだ。

 市などによると、11日に開かれた地元自治会の今年の初集会で、仲川元庸市長が出席した住民ら約40人に説明を行った…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

「要早急措置」19カ所 - 新年度内に点検終了へ/県内跨線橋診断[2018.02.26]

「花街」の未来を探る - 奈良で全国サミット/「元林院復興プロジェクト」写真付き記事[2018.02.26]

「村の躍進へ努力を」 - 200人が節目祝う/東吉野村 60周年写真付き記事[2018.02.26]

暇乞い - 古参僧に行入り報告/お水取り2018写真付き記事[2018.02.26]

農業の大切さ伝える - ドローンの活用を学ぶ/「あぐりスクール」写真付き記事[2018.02.26]

楽しくにぎわい、盛大に - 信貴山寅まつり写真付き記事[2018.02.26]

候補地変更なら譲歩 - 使用期限で市に提案/奈良市新斎苑[2018.02.24]

堂内に春色の華やぎ - 花ごしらえ/お水取り2018写真付き記事[2018.02.24]

犯罪被害者を早期支援 - 連携協定を締結写真付き記事[2018.02.24]

「下北山」通じ絆を - 東京で講座参加者ら交流写真付き記事[2018.02.24]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ