このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2018年2月13日 奈良新聞

 平昌冬季五輪が開幕。開催地と時差のない日本では連休と重なったこともあって、まだ序盤戦ながら既にテレビ観戦に夢中という人も多そうだ。

 厳しい寒さが伝えられる同大会だが、選手や応援団からは4年に1度の大舞台にかける気迫が伝わってきて、競技会場はむしろ熱気に満ちている。

 ただ、そんな中にあって以前の五輪が持っていた過剰な緊張感が薄れてきたように見えるのは好ましい。国民の期待は今も大きいが、開会式で軽やかに行進する出場者の姿は見ていて楽しい。

 また前回の開催国で組織的ドーピング問題が発覚したロシアが、今回は個人資格の選手だけの出場となったことも教訓として前向きにとらえたい。

 国威発揚のためではなく、自分自身のため世界に挑み、限界を乗り越えて頂点を目指す。2年後に東京五輪が迫る中で、今冬季大会を競技場整備や選手育成の意義を考える機会にもすべきだ。

 そして大会5日目、きょう13日はスノーボード男子ハーフパイプ予選に、いよいよ平岡選手が登場。地元の御所市ではパブリックビューイングも開催、声援の熱狂が高まる。(松)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

一般会計過去最大1310億円 - 奈良市の新年度当初予算案[2018.02.23]

子育て支援の一環に - バンビーホームで夏休みなど昼食提供/奈良市予算案写真付き記事[2018.02.23]

お金や生活の事前計画大切 - 障がいをもつ子と家族のためのセミナー写真付き記事[2018.02.23]

桜 しっかり育って - 吉野小 6年生が植樹写真付き記事[2018.02.23]

女性管理職は18.7% - 県内企業の女性活躍推進調査[2018.02.23]

伽藍整備用の窯か - 北側に「灰原」も確認/唐招提寺瓦窯跡写真付き記事[2018.02.23]

一般会計5067億円 - 荒井県政で最大/県新年度当初予算案[2018.02.22]

県、近く「3者協定」 - 平城宮跡と一体活用/県新年度当初予算案写真付き記事[2018.02.22]

手作り品やパン 大人気 - きょうまで「ならリビングフェスタ」写真付き記事[2018.02.22]

農業への理解深めて - 県内新小学5年生向け教材本贈呈/JAならけん写真付き記事[2018.02.22]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ