このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2018年2月7日 奈良新聞

 今年は明治150年。そんな節目の年に、維新前後の奈良市の様子を伝える古文書が生涯学習グループの手で冊子にまとめ直され、発行された。

 奈良といえば古代史に関心が向きやすいが、昨年の話題作、応仁の乱をテーマにした書籍でも主要舞台だったし、もちろん幕末期の奈良も面白い。

 よく知られているのが維新のさきがけとなった天誅組の決起。現在の五條市から東吉野村へ、転戦しながら山野を駆け抜けた志士の情熱と無念を追って、史跡を巡るのも奈良観光のだいご味。

 また政治だけでなく宗教の面でも維新は奈良に激震をもたらした。神仏分離令が想定以上の大波となって県内を席巻、失われた寺院も多いという。

 そして経済や民俗を伝える文書をひもとけば、当時の暮らしが生き生きと見えてくる。翻刻されたのは奈良市の餅飯殿町に伝わる記録文書。本日付社会面に詳しいが、実費配布もあるようだ。

 ちなみに餅飯殿の町名は平安時代の高僧、聖宝にまつわる伝承に由来する。古代から現代までびっしり歴史が詰まった奈良。そんな魅力をもっと県内外に発信していきたい。(松)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

「要早急措置」19カ所 - 新年度内に点検終了へ/県内跨線橋診断[2018.02.26]

「花街」の未来を探る - 奈良で全国サミット/「元林院復興プロジェクト」写真付き記事[2018.02.26]

「村の躍進へ努力を」 - 200人が節目祝う/東吉野村 60周年写真付き記事[2018.02.26]

暇乞い - 古参僧に行入り報告/お水取り2018写真付き記事[2018.02.26]

農業の大切さ伝える - ドローンの活用を学ぶ/「あぐりスクール」写真付き記事[2018.02.26]

楽しくにぎわい、盛大に - 信貴山寅まつり写真付き記事[2018.02.26]

候補地変更なら譲歩 - 使用期限で市に提案/奈良市新斎苑[2018.02.24]

堂内に春色の華やぎ - 花ごしらえ/お水取り2018写真付き記事[2018.02.24]

犯罪被害者を早期支援 - 連携協定を締結写真付き記事[2018.02.24]

「下北山」通じ絆を - 東京で講座参加者ら交流写真付き記事[2018.02.24]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ