このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年12月8日 奈良新聞

 自民党県連の会長に奥野信亮衆院議員(比例近畿)が就任した。4期目続投である。役員改選を協議した同県連総務会で全く異論がなかったという。

 会長任期中だった今夏の奈良市長選で党推薦候補が落選。県連選対本部長も兼務していた奥野氏の責任が問われ、関係者の声は「辞任やむなし」でほぼ一致していた。

 ところが、衆院選の県選挙区数が1減となるなどの改正公選法の施行を踏まえた公認候補調整問題が難航。突然の衆院解散・総選挙もあって役員改選は先送りとなった。

 衆院選の結果は自民党の大勝。県1区で元民進党の宿敵も破って3選挙区の議席を独占。比例近畿に回った奥野氏も特例の「奈良県枠」で悠々と5選を飾った。

 大方の予想通り奥野氏の会長続投となり、県連幹部は「勝つとこうなる。国政選挙で勝つことの評価は大きい」。奥野氏が課題に挙げたのは党員の増加と新人の育成だ。

 2年後の統一地方選(知事選、県議選)と参院選をにらむが、特に党県議の高齢化は目立つ。若返りと県連活性化、分裂している党県議団一本化などへの手腕が改めて問われる。(北)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

立憲民主、県内で集会 - 「旧民進3分裂」論議/来月10日[2018.01.24]

笹娘 笑顔で「どうぞ」 - 大安寺光仁会にぎわう写真付き記事[2018.01.24]

町づくり貢献評価 - 県「あしたのなら」受賞/県立大の「国際地域研究会」写真付き記事[2018.01.24]

ガスや爆発、対応確認 - テロ想定、国民保護図上訓練写真付き記事[2018.01.24]

歴史や人形の仕組み学ぶ - 地域に伝わる「乙田人形浄瑠璃」写真付き記事[2018.01.24]

水面に幻想的な光漂う - 洞川温泉街、龍泉寺で/27日、山上川灯りプロジェクト写真付き記事[2018.01.24]

事業者の再募集発表 - 奈良市新斎苑[2018.01.23]

平安後期の古伯耆 - 安綱作の可能性/春日大社の太刀写真付き記事[2018.01.23]

お客の声 支えに営業 - 地域活性化へ市が催し/五條「栄湯」写真付き記事[2018.01.23]

「安全・安心話題に」 - 県警が認定証交付/特殊詐欺被害防止アドバイザー写真付き記事[2018.01.23]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ