このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


本尊脇侍、初修理へ - 220年ぶり“外出”/岡寺

2017年10月12日 奈良新聞

修理のため脇壇から運び出された愛染明王像=11日、明日香村岡の岡寺

修理の勧進を目的に授与される護符=奈良市登大路町の県庁

 明日香村岡の岡寺は、本尊・如意輪観音坐像(国重要文化財)の脇侍(わきじ)の不動明王像と愛染明王像を江戸時代の開眼から初めて修理する。11日、修理のため両像が約220年ぶりに寺外へ搬出され、修理のために奈良市登大路町の奈良国立博物館内にある美術院の工房に運ばれた。

 両像とも木造で台座も含めた総高は不動明王像が2メートル27センチ、愛染明王像が2メートル8センチ。寺内で見つかった祈願札によると、両像は寛政6(1794)年に長谷寺化主も務めた高僧・法住の命により、弟子で岡寺住職の法實が造立したとされる。制作から200年以上を経て、表面の彩色が浮き上がり剥落(はくらく)の恐れがあるなど傷みが発生。そのため、同寺は約2年間の予定で修理を行うことを決めた…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

議会改革へ「部会」 - 非公開、2月にも/奈良市会幹事長会[2017.12.15]

みんな違ってワンダフル - 一刀彫で戌の置物作り写真付き記事[2017.12.15]

「御間塀」新たな姿見て - 春日大社壁画、県庁で写真付き記事[2017.12.15]

県、30億円超税収増へ - 地方消費税配分見直し[2017.12.15]

雪辱期し技量磨く - 桐山さんが日本一/とちぎ技能五輪和裁職種の部写真付き記事[2017.12.15]

みんな一緒に遊ぼう - 幼稚園訪問で交流/法隆寺国際高生写真付き記事[2017.12.15]

訪日外国人対策 支援企業に投資[2017.12.15]

保護者の書面義務付け - フィルタリング解除で/県、規制強化の方針[2017.12.14]

強さと品格と 土佐闘犬横綱 - 大和神社、絵馬奉納写真付き記事[2017.12.14]

大規模災害から曽爾守る - 村防災センターが完成写真付き記事[2017.12.14]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ