このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年9月3日 奈良新聞

 野党連携のあり方などを争点にした民進党の代表選。前原氏の当選で新たな合従連衡が動き出すのか。県内では馬淵氏の対応にも注目が集まる。

 戦後、日本の政治は自民党を軸に回ってきたように見える。それは古代中国で秦に対抗して繰り広げられた権謀術数に似ていると言えなくもない。

 だから合従連衡。2年前の参院選では戦争法廃止を合言葉に当時の民主党や共産党などが各地で候補を一本化、成果を挙げたが、県選挙区は自民党が議席を奪還、野党共闘の評価は分かれた。

 その参院選で統一候補として戦った前川氏は、次期衆院選に向け、民進党公認で2区からの出馬を表明。共産党も県内3選挙区に候補をそろえた。

 今後の調整は中央次第。安倍政権が揺らぎ始め、与党の引き締めを求める声が出る一方、県内でも非自民の受け皿づくりに期待が高まっている。ただ県から遠い東京の動きなどは見えにくい。

 さて合従連衡の行く先は。手段と目的を間違えることだけはないように。そして県内自民党の候補調整も決着を急いでもらわねば。衆議員の任期切れまで残り460日余り。(松)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

高齢化対応など柱 - 県国土利用計画[2018.02.20]

春色ちらほら - 大和郡山のツバキ園写真付き記事[2018.02.20]

再公募、提案書1件 - 奈良市新斎苑[2018.02.20]

中央アジアで製作か - 中国・遼王妃墓のガラス器/25日、橿考研で成果報告写真付き記事[2018.02.20]

多様な文化知って - ウガンダでの活動語る/生駒市立緑ケ丘中で鰐淵さん講演写真付き記事[2018.02.20]

多彩なタンゴ演奏 - 歌や詩の朗読の演出も写真付き記事[2018.02.20]

各企業が特長アピール - NARAジョブフェアに学生ら350人写真付き記事[2018.02.20]

政治学校 休眠続く - 再開準備も未着手/自民県連[2018.02.19]

特大いちご春の味 - 橿原の農園収穫ピーク写真付き記事[2018.02.19]

日干番茶で町おこし - 町商工会有志が製品化写真付き記事[2018.02.19]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ