このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年8月15日 奈良新聞

 あの日から72年。といってもまだ生まれる以前のことだから自身の体験は何もない。その代わり、伝え聞いた多くの記憶が脳裏に刻まれている。

 継承とはそうしたものだろう。年月とともに戦時を生きた人たちは減っていくが、先人の苦難を教訓とし、次代に受け継ぐ努力が平和の礎になる。

 先日、長崎市に集まった高校生平和大使の報道では、自分たちが被爆者から直接、話を聞ける最後の世代になるかもしれない危機感と、だからこそ思いを受け継ごうとする熱意が伝えられた。

 また大淀町立大淀中学で開かれた被爆ピアノのコンサートでは連弾に参加した生徒が「歴史が詰まった音色でした」と話していたのが印象に残る。

 戦争や原爆の恐ろしさについて講演から得る知識だけでなく、音楽に触れることで、よりリアルに感じ取れるものがあったのだろう。先の生徒は「平和を思って弾きました」と言葉を継いだ。

 連載「風化に抗う」でも県内のさまざまな取り組みを紹介している。戦争の怖さを知り感じるとともに、自ら発信する繰り返しが平和を求める社会を育てることを信じて。(松)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

高齢化対応など柱 - 県国土利用計画[2018.02.20]

春色ちらほら - 大和郡山のツバキ園写真付き記事[2018.02.20]

再公募、提案書1件 - 奈良市新斎苑[2018.02.20]

中央アジアで製作か - 中国・遼王妃墓のガラス器/25日、橿考研で成果報告写真付き記事[2018.02.20]

多様な文化知って - ウガンダでの活動語る/生駒市立緑ケ丘中で鰐淵さん講演写真付き記事[2018.02.20]

多彩なタンゴ演奏 - 歌や詩の朗読の演出も写真付き記事[2018.02.20]

各企業が特長アピール - NARAジョブフェアに学生ら350人写真付き記事[2018.02.20]

政治学校 休眠続く - 再開準備も未着手/自民県連[2018.02.19]

特大いちご春の味 - 橿原の農園収穫ピーク写真付き記事[2018.02.19]

日干番茶で町おこし - 町商工会有志が製品化写真付き記事[2018.02.19]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ