このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


市クリーンセンター移転 現計画を「断念」 - 3選・仲川奈良市長が会見

2017年7月13日 奈良新聞

 3選を果たした奈良市の仲川元庸市長は12日、実質的な新任期のスタートに当たって記者会見を開き、意欲を語った。この中で同市東鳴川町、中ノ川町にまたがる民有地(約33ヘクタール)を「最終候補地」とする現在の市のクリーンセンター移転計画について「断念する」考えを表明した。移転先の地元交渉が進まず、現・環境清美工場(同市左京5丁目)も老朽化、耐震化の問題を抱え、市長は「現実的な選択としてごみ処理の広域化や現地建て替えを視野に結論を出したい」とした。一方で「今の計画地は断念するが、東部エリアを含め他の候補地を探す努力は続ける」とも述べた。

 市長は移転見直しを今回の市長選で政策に掲げており、信任されたと解釈。移転は平成17年末に現工場の地元住民らと市が公害調停を経て決まったが、仲川市長は「行き先も決めず工場をのけることだけを合意した(当時の市長の)政治手法に疑問がある」と主張…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

紅葉の美 段階変化 - 等彌神社で見ごろ写真付き記事[2017.11.17]

名曲で名所、歴史歌う - 県内観光地の魅力 20市町村PR[2017.11.17]

20歳迎えるはずだった - 楓ちゃん事件きょう13年写真付き記事[2017.11.17]

文人大名として活躍 学芸通じて地位向上 - 柳沢文庫で「柳沢保光」展[2017.11.17]

地域住民、生徒ら交流 - 平城“食と農”ふれあいフェスタ写真付き記事[2017.11.17]

県産木材の魅力PR - 吉野材使い木質空間/東京の書店でイベント写真付き記事[2017.11.17]

平城京六条大路 南北側溝を発見 - 東西横断裏付け/大安寺旧境内写真付き記事[2017.11.17]

雇用対策に課題 - 少ない県内企業、進まぬ待遇改善/県民アンケート[2017.11.16]

被害総額162億円に - 奈良高で施設破損/台風21号[2017.11.16]

在庫わずか やさしい味 限定300本 - 地産サトイモで三宅の焼酎完成写真付き記事[2017.11.16]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ