このページでは、Javascriptを使用しています

考古学


現在位置:トップページ> 考古学> 記事


謎の寺院から大量瓦 - 薬師寺と同范型も/奈良の平松廃寺

2017年3月3日 奈良新聞

平松廃寺から見つかった軒丸瓦(右)と、薬師寺で使用された同范瓦=奈良市大安寺西2の市埋蔵文化財調査センター

平松廃寺で出土した田中廃寺の同范瓦=同

 奈良市平松3丁目周辺などにあった古代寺院跡・平松廃寺で、同市埋蔵文化財調査センターが初めて寺域内の発掘調査を行い、7世紀後半から8世紀初の大量の瓦が見つかった。これまでも採集されていた田中廃寺(橿原市田中町)と同じ「范(はん)型」で作った瓦のほか、薬師寺(奈良市西ノ京町)と同じ軒丸瓦も初めて出土。寺名さえ分からない謎の寺院の解明に向け、貴重な資料になりそうだ。出土瓦は、同市大安寺西2丁目の同センターで開催中の春季発掘調査速報展で展示している。

 平松廃寺は昭和10年、周辺で大量の古代瓦が見つかったことで発見。平城京条坊の「右京四条四坊十二坪」に位置するが、文献史料などには該当する寺院がなかった。平成7年には寺域周辺で藤原京にあった田中廃寺の同范瓦が出土。蘇我氏の一族、田中氏が建立したとされる同寺が、平城遷都時に移建されたとする説もある…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

一般会計過去最大1310億円 - 奈良市の新年度当初予算案[2018.02.23]

子育て支援の一環に - バンビーホームで夏休みなど昼食提供/奈良市予算案写真付き記事[2018.02.23]

お金や生活の事前計画大切 - 障がいをもつ子と家族のためのセミナー写真付き記事[2018.02.23]

桜 しっかり育って - 吉野小 6年生が植樹写真付き記事[2018.02.23]

女性管理職は18.7% - 県内企業の女性活躍推進調査[2018.02.23]

伽藍整備用の窯か - 北側に「灰原」も確認/唐招提寺瓦窯跡写真付き記事[2018.02.23]

一般会計5067億円 - 荒井県政で最大/県新年度当初予算案[2018.02.22]

県、近く「3者協定」 - 平城宮跡と一体活用/県新年度当初予算案写真付き記事[2018.02.22]

手作り品やパン 大人気 - きょうまで「ならリビングフェスタ」写真付き記事[2018.02.22]

農業への理解深めて - 県内新小学5年生向け教材本贈呈/JAならけん写真付き記事[2018.02.22]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ