このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年1月12日 奈良新聞

 読んでいません、見ていませんは、企業人として失格なのだろう。米国大統領就任が秒読みとなったトランプ氏の「つぶやき」が、日本企業にもやいばを向けている。

 ツイッターは英語で「さえずり」を意味するが、米国を率いる巨大な鳥となれば、そのさえずりに耳を傾けないわけにはいかない。

 それにしても、どう喝をつぶやきと言えるかどうか。「メキシコに工場を造るなら高い関税を払え」。トヨタ自動車に向けられたこのつぶやきは、「米国に工場を造らないなら大変なことになるよ」という脅しである。

 これに先立ち豊田章男社長は「工場建設はひとたび決めた以上、雇用と地域への責任がある」と計画実行の意志を示していた。

 まっとうなことを述べる人物に「そんなこと言ってると痛い目に遭うよ」とぼそりとつぶやく。まるで任侠映画の悪役である。

 就任前に稼げるだけポイントを稼ごうという実業家的な戦略かもしれないが、日々の書き込みに世界が揺さぶられるのは異様に思える。12日未明(日本時間)の記者会見は大統領選後初。具体的な政策は見えるだろうか。(増)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

南東地区の事業認可 - 体験学習館建設へ/平城宮跡歴史公園写真付き記事[2018.02.16]

書の枠、会派超え - 「日本の書展」開幕写真付き記事[2018.02.16]

主役の新大導師 上司さん別火入り - 東大寺二月堂 お水取り写真付き記事[2018.02.16]

春の訪れ 梅130種開花 - 菅原天満宮で「盆梅展」写真付き記事[2018.02.16]

写真や文書で歴史紹介 - JR桜井線開通120年記念で企画展写真付き記事[2018.02.16]

ボッチャの魅力知って - 菅原小で体験会写真付き記事[2018.02.16]

「成功のヒント」学ぶ - 奈良で「創業ビッグセミナー」写真付き記事[2018.02.16]

プロロードレーサー 吉田隼人 東京五輪出場目指す - 地元企業中心に後援会発足写真付き記事[2018.02.16]

「古伯耆物」が結ぶ縁 - 日本刀顕彰連合を結成/鳥取県と春日大社写真付き記事[2018.02.15]

鬼と炎 回廊は大迫力 - 長谷寺だだおし写真付き記事[2018.02.15]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ