このページでは、Javascriptを使用しています

経済


現在位置:トップページ> 経済> 記事


地産地消のおせち開発 - 奈良女子大生とならコープ

2014年12月20日 奈良新聞

安藤さんらが完成させた地産地消おせち「和洋」=奈良市北魚屋東町の奈良女子大

 奈良女子大学の学生らでつくる「奈良の食プロジェクト」と、市民生活協同組合ならコープが、地産地消おせち「和洋」を共同開発した。三段重のすべての品に県産食材や調味料を使用。奈良の四季を連想させる、見た目にもこだわった逸品に仕上げられている。

 両者の食を通じた連携は、同大が県産農産物を使ったレシピをならコープに提供したことがきっかけ。

 おせちづくりでは、季節ごとに県産食材を分類し、四つのグループに分かれて、それぞれメニューを提案。製造メーカーのアドバイスも得ながら試作と試食を繰り返し、約2年がかりで完成させた。

 苦心のメニューは、県産大根をスモークサーモンで巻いて燈花会を連想させた「燈花ロール」▽きんとんに県産柿を加えた「かきんとん」▽若草山の緑と山焼きの赤をイメージした「下北春まなのテリーヌ」―など31品。ヤマトポークや大和牛も活用し、奈良らしさが満載されている。

 リーダー役の同大3回生の安藤さやかさんは「コスト面や食材の日持ち、彩りなど難しい面もあったが、多くの人との連携で完成した。皆さんに食べてほしい」とアピール。同大食物栄養学科の高村仁知准教授は「奈良の食材について学んできた知識を生かし、協力して完成できたことが意義深い」と話す。また、ならコープ商品部の米重正樹さんは「学生と一緒に、地産地消をおせちの形で具現化できた。出来は想像以上」と自信をのぞかせる。

 価格は1万8800円(税込み)。申し込み締め切りは25日。

 申し込み、問い合わせはならコープ商品部、電話0744(33)8081。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

「出口」見えない議論 - 橿原市会対立の構図<上>[2017.09.24]

源流の地で探る未来 - 日本文化考えるフォーラム/国文祭・障文祭なら2017写真付き記事[2017.09.24]

保育士が足りない - 園に「空き」あれど…/奈良市の公立保育所[2017.09.24]

しめ縄架け替え - 総社・宇佐の小学生ら参加/東大寺転害門写真付き記事[2017.09.24]

自慢ののどで熱唱 - 全国生涯学習カラオケ大会写真付き記事[2017.09.24]

お土産にいかが? - 「大仏の手くっきぃ」/磯城野高生「道の駅」で販売写真付き記事[2017.09.24]

御所実が優勝 - 7人制ラグビー/県高校総体写真付き記事[2017.09.24]

短期決戦へ始動 - 演説や支部大会/衆院選 県内各党[2017.09.23]

古代へ続く赤い帯 - 明日香のヒガンバナ写真付き記事[2017.09.23]

地滑りとの闘い続く - 亀の瀬/王寺と大阪・柏原市境界写真付き記事[2017.09.23]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ