このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


厳かに「御湯立」 - おん祭始まる

2014年12月16日 奈良新聞

湯気が立つ神聖な湯を振りまく湯立巫女=15日、奈良市餅飯殿町の大宿所

 大和路の師走を彩る春日大社の「春日若宮おん祭」(国重要無形民俗文化財)が15日、奈良市内で始まり、祭の奉仕者の身を清める「御湯立(みゆたて)」などが営まれた。

 地元商店街による大宿所詣の行列が、JR奈良駅から三条通などを巡って同市餅飯殿町の大宿所に到着。「辰市神子(みこ)」「八嶋神子」「郷神子」「奈良神子」が、輿から降りて参拝した。

 御湯立は「ソノイチ」と呼ばれる湯立巫女(ゆたてのみこ)が、大釜で沸かした湯に米や酒を注いで清め、「サーヨーサー」という掛け声とともに、ササにつけて振りまいた。ソノイチは世襲で、現在は大和郡山市若槻町の加奥満紀子さんが務めている。

 会場ではおん祭の装束の展示や名物「のっぺ汁」の振る舞いもあった。夕方には祭の無事を祈る大宿所祭もあり、多くの参拝者でにぎわった。

 奈良市の自営業下井恵美子さん(59)は、「神聖な儀式にすがすがしい気持ちになった」と話した。

 おん祭は春日大社の摂社、若宮神社の祭礼。古式ゆかしい装束の約千人が練り歩く「お渡り式」はあす17日正午から。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

私道整備の補助拡大 - 奈良市が来月から新制度[2017.04.28]

山あい彩るシャクナゲ - 十津川写真付き記事[2017.04.28]

調理と食事で楽しく - 「食堂」を交流の場に/生駒写真付き記事[2017.04.28]

十津川と新十津川 コラボ酒「郷の心」 - 今年限定、28日発売写真付き記事[2017.04.28]

十津川舞台に新作落語 - 落語家の桂恩狸さんが「がっちょら」写真付き記事[2017.04.28]

「山元」に利益還元を - 桜井で地方創生セミナー写真付き記事[2017.04.28]

奈良女子と奈良文化が軸 - 近畿高校ソフトボール選手権県予選[2017.04.28]

東ア緊張緩和に期待 - 地方政府会合[2017.04.27]

控えめに咲く薄緑 - 御衣黄桜奈良で満開写真付き記事[2017.04.27]

市議ら建設現場視察 - 橿原市分庁舎ホテル複合施設写真付き記事[2017.04.27]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ