このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


吉野に元気を - 夏の花火大会5年ぶり復活

2013年7月25日 奈良新聞

 吉野町上市の吉野川河川敷で28日、5年ぶりに夏の花火大会が行われる。町民参加の実行委員会(実行委員長・北岡篤吉野町長)が町内外から協賛金を募って復活させた。

 もともとは上市商店会の謝恩花火大会として平成20年まで、約50年間続いていた。資金減やスタッフの高齢化などで実施できなくなったという。

 花火大会復活の機運が高まったのは昨年秋ごろから。毎年11月に行う「ふるさと元気・吉野まつり」の実行委員会で、新たに花火部会が立ち上がった。

 吉野に元気を取り戻そうと呼び掛け、5月から約3カ月間で町内外300の企業、団体、個人から計約670万円(7月23日現在)が集まった。さらに町も100万円を拠出する。

 当初目標の250万円を上回ったため500万円規模の花火大会に拡大する予定。残金は来年以降に積み立てる。

 午後8時から約40分間。半径60メートルに開く4号玉などが上がる。桜橋下で同7時から「吉野川上市灯ろう流し」もある。1基1000円。

 観覧自由。会場近くの上市橋と桜橋は午後7時半から車両通行止めになる。会場周辺に駐車場はなく、実行委は公共交通機関の利用を呼び掛けている。

 花火大会の問い合わせは同町役場、電話0746(32)3081。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

立憲民主、県内で集会 - 「旧民進3分裂」論議/来月10日[2018.01.24]

笹娘 笑顔で「どうぞ」 - 大安寺光仁会にぎわう写真付き記事[2018.01.24]

町づくり貢献評価 - 県「あしたのなら」受賞/県立大の「国際地域研究会」写真付き記事[2018.01.24]

ガスや爆発、対応確認 - テロ想定、国民保護図上訓練写真付き記事[2018.01.24]

歴史や人形の仕組み学ぶ - 地域に伝わる「乙田人形浄瑠璃」写真付き記事[2018.01.24]

水面に幻想的な光漂う - 洞川温泉街、龍泉寺で/27日、山上川灯りプロジェクト写真付き記事[2018.01.24]

事業者の再募集発表 - 奈良市新斎苑[2018.01.23]

平安後期の古伯耆 - 安綱作の可能性/春日大社の太刀写真付き記事[2018.01.23]

お客の声 支えに営業 - 地域活性化へ市が催し/五條「栄湯」写真付き記事[2018.01.23]

「安全・安心話題に」 - 県警が認定証交付/特殊詐欺被害防止アドバイザー写真付き記事[2018.01.23]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ