このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


葛城山や桧原神社など - 県景観資産 新たに22件登録

2013年4月4日 奈良新聞

県景観資産に登録された二上山を望む桧原神社境内=県提供

 県は、県内の美しい眺望を望む場所などを紹介する「県景観資産」に、新たに「記紀・万葉」ゆかりの地の22件を登録した。県ホームページに登録地の説明や写真、地図などを掲載。景観づくりの啓発や観光資源として役立てる。

 県景観条例に基づき、平成23年度に始まった制度で、今回が2回目の登録。第1回は「四神八景」をテーマに32件を登録しており、計54件となった。

 一般公募と過去に県が募集した「まほろば眺望スポット百選」の中から「記紀・万葉」にゆかりの39点を対象に、県景観審議会(会長、鳴海邦碩・大阪大学名誉教授)が審査。奈良や天理、桜井、葛城の各市などの美しい景観22件を選んだ。

 若草山や東大寺を望む県庁屋上(奈良市)、奈良盆地から大阪まで眺望できる葛城山(御所市)、二上山が正面に見える桧原神社(桜井市)など、豊かな歴史と自然を楽しめる景観がそろった。

 県風致景観課は「県民に景観を守ろうという意識を持ってもらうとともに、県外の人に対する観光PRになれば」としている。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

進む「ごみ処理広域化」 - 県、奈良モデルで促進[2017.06.22]

行方不明者281人 - 44%増、過去最多/28年[2017.06.22]

天川ブランド全国に発信 - “ほんまもん”大集合写真付き記事[2017.06.22]

心打つ音色響かせ - 堤剛さん、萩原麻未さんデュオリサイタル/ムジークフェストなら2017写真付き記事[2017.06.22]

プロに学び庁舎清掃 - 高等養護学生が天理で演習写真付き記事[2017.06.22]

県産材で新商品開発 - 簡単に木質空間作れます写真付き記事[2017.06.22]

全国初、脚付き編みかご - 四方転びの箱 用途明らかに/橿原・瀬田遺跡、弥生後期末写真付き記事[2017.06.22]

国が現状変更許可 - 奈良公園内の宿泊施設建設[2017.06.21]

山村氏、無投票再選 - 広陵町長選告示写真付き記事[2017.06.21]

外国人110番も対応 - 3人同時通話を訓練/県警写真付き記事[2017.06.21]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ