このページでは、Javascriptを使用しています

考古学


現在位置:トップページ> 考古学> 記事


国内最多銅鏡81枚 - 卑弥呼と関係か【桜井茶臼山古墳】

2010年1月8日 奈良新聞

「正始元年」の紀年鏡と一致した「是」の字が残る三角縁神獣鏡の破片

 初期ヤマト政権の大王墓とされる、桜井市外山の大型前方後円墳・桜井茶臼山古墳(3世紀末~4世紀初め)で、国内最多となる81枚以上の銅鏡が副葬されていたことが分かり、県立橿原考古学研究所が7日、発表した。鏡の形式も最多となる13種類以上で、「卑弥呼の鏡」説もある中国・魏の年号入りの「三角縁神獣(さんかくぶちしんじゅう)鏡」もあった。「邪馬台国論争」にも影響を与える古代鏡研究の貴重な資料になりそうだ。

 昨年実施した60年ぶりの再調査で、石室内の土中から銅鏡片計331点が出土。最大縦11.1センチ、横6.3センチで、多くは1~2センチの細かな破片だった。盗掘時に割られたとみられ、完形品や本来の位置を保った遺物はなかった。

 過去に見つかった53点を含む破片計384点を調べたところ、81枚以上の鏡があったことが判明。国内最多だった平原遺跡1号墳(福岡県)の40面を大きく上回ることが分かった。

 13種類以上の後漢から三国時代の中国産や国産の鏡を確認。半数近くが直径20センチ以上の大型鏡で、国内最大級の内行花文鏡(直径約38センチ)もあった。黒塚古墳(天理市)などに比べ、三角縁神獣鏡以外の鏡が多かった。

 また、「是」の字が残る破片(縦1.7センチ、横1.4センチ)を3次元計測した結果、「正始元(240)年、陳是作鏡…」との銘文が入った蟹沢古墳(群馬県)の三角縁神獣鏡と一致。正始元年は邪馬台国の女王・卑弥呼の使者が帰国した年とされ、魏から贈られた「銅鏡100枚」の一つとする説も。県内での出土は初めてで、今後、専門家の論議を呼びそうだ。

 同研究所の菅谷文則所長は「日本国家初期の『最高の王』の力を示す成果。今までの理論を超えた鏡の組み合わせで、今後は広い視野を持つことが必要だ」としている。

 このほか、ガラス製管玉や石製品なども見つかった。遺物は13日から31日まで、橿原市畝傍町の県立橿原考古学研究所付属博物館で展示される。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

組織刷新求める声 - 後任人事は難航か/自民県連[2017.07.25]

ウナギで元気 - きょう土用の丑写真付き記事[2017.07.25]

「幻の大寺院」実像を感じて - 来年、発見から10年で/奈教大で常設展示写真付き記事[2017.07.25]

やな漁でアユゲット - 25日から五條で体験写真付き記事[2017.07.25]

17メートルの龍、タカなど60点 - 天理参考館で「中国の凧」展写真付き記事[2017.07.25]

大鍋にびっくり - 児童ら給食づくり写真付き記事[2017.07.25]

福西メリヤスを認定 - 県内3番目の「ユースエール」写真付き記事[2017.07.25]

天理猛攻 高円に快勝 - 第99回全国高校野球選手権奈良大会 準々決勝写真付き記事[2017.07.25]

自民、抗争再燃か - 会派構成で駆け引き加速/奈良市会[2017.07.24]

青く涼やかに - 不退寺「熱帯スイレン」写真付き記事[2017.07.24]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ