特集記事

恵み活きる食 奈良県産イチゴ - ガストロノミーツーリズム世界フォーラム

関連ワード:

最高水準の味と香り
「イチゴ職人」の矜持

奈良県産の大粒イチゴ求めて
直売所は大にぎわい

 奈良県を代表する作物の一つ、イチゴ。橿原市東池尻町のふじい農園では、時期によって変化する味やサイズが“体感”できるとあって、県外からも大勢のイチゴ好きが訪れる。藤井均代表(67)は、家族に「イチゴ職人」と呼ばれることもあるという栽培技術の持ち主だ。

 

 17年前に50歳で脱サラし農業を始めた。イチゴは当初、農協などの指導どおりに作っていたが、やがてイチゴ本来の味や香りを引き出すコツをつかんだ。

 

 その結果、県産イチゴ「アスカルビー」「古都華」の味や香りを最大限に引き出すことに成功、時期によっては手のひらいっぱいの特大イチゴも。評判のイチゴを味わいたいと、収穫時期を迎えた直売所はいつも来訪者でにぎわっている。同園のイチゴを仕入れたケーキ店に出向く人もいるという。

 

藤井均さんが育てた大粒のイチゴ。「ふじい農園」(奈良県橿原市東池尻町)には県内外から観光客が訪れる

「ガストロノミーツーリズム」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ