特集記事

株式会社西和物流 奈良県下で唯一無二、成長を続ける物流企業 - 社長・社員のチームプレーで時代に負けず躍進

関連ワード:

従業員が誇れる企業をめざして ー株式会社西和物流ー

インタビュー:代表取締役 萩原良介さん 専務取締役 山﨑和哉さん

萩原社長(左)と山﨑専務が2人でスタートした西和物流

萩原社長(左)と山﨑専務が2人でスタートした西和物流

 

 

トラック数台の小さな物流会社からスタート

 平成9年に王寺町藤井で代表取締役社長の萩原良介さんと幼馴染で専務取締役の山﨑和哉さんの二人でトラック数台の小さな物流会社からスタートした西和物流は、今年で24年目を迎える。現在は田原本町阪手に本社を構える。

 

 創立以来、関西近郊から遠くは東北や九州まで、広く物流事業を展開している。業績は右肩上がりで成長を続け、コロナ禍の厳しい時代においてもこの勢いはとどまるところを知らない。専務と二人でスタートし、その後、数人の仲間で運営していた同社は現在では物流事業8社、倉庫事業1社、自動車整備指定工場事業1社、美容健康事業2社を有した総合物流事業に拡大。従業員数は同社単独で60人、グループ全体で425人の大きなチームとなった。グループ内で弱点を補完しあい、そして各企業ともに社会の基盤を形成するエッセンシャルな事業を展開している。景気に左右されない力強い組織である。

 

 

互いに助け合い、認め合う「日々感謝」のマインド

 そんな同社の快進撃の理由、同社の価値とはなんだろうか。代表取締役の萩原さんは「素晴らしい仲間たちの存在です」と話す。「弊社は一人のスター社員が引っ張るのではなく、社長・社員が一丸のチームプレーで歩んできました。このメンバーで負けるわけがないとう自信と誇りがありました。」と嬉しそうに話してくれた。そんな同社の理念は「仲間を大切にし、仲間とともに成長し、勝ち抜く」。この理念こそが同社の強みであり価値なのである。仲間の存在があったからこそ、会社が正しい道に進めたと社長は振り返る。いきいきと働く存在自体が、社長自身にも会社にもとても大切で今に活きていると教えてくれた。

 

 同社の理念はグループ内でお互いに助け合い、認め合い「日々感謝」のマインドとして浸透しているそうだ。この支え合う精神が一人ひとりのスタッフと組織の飛躍につながっているのではないだろうか。みんなで勝ち抜くという目標を目指し船を進め、様々な困難をみんなで支えあい、目的地を目指す船団のようである。

 

 

心身健康で仕事ができる環境を

 そして、同社が大切にしていることはもう一つある。社員とその家族の健康。「私自身、若いころに仕事を頑張りすぎて心と体のバランスを崩した経験があります。心身が健康でなければ、良い仕事も周りの人を幸せにすることもできないと確信するよになりました。」美容関係の企業をグループに招いたのも、グループの従業員とその家族に福利厚生施設として利用してもらい心身健康になってほしいという思いがあったからだそうだ。

 

 

従業員とその家族が誇れる企業にそしてグループ年商150億円企業へ

 心と体が健康で生き生きとそして仲間とともに成長し、勝ち抜くそんなマインドをもったスタッフたちは当然、それぞれの仕事で最高のパフォーマンスを発揮させる。それこそが、厳しい時代においても成長を続ける要因なのではないだろうか。そしてこのマインドは仕事へのコンプライアンス意識の向上にもつながっている、「輸送の安全確保に積極的に取り組んでいる」証であるGマークや「提供するサービスへの高い信頼」を表すISO39001とISO9001などを取得し、公的にも仕事に対する高い意識が証明されている。

 

 今後の同社の展望について、萩原社長は「全従業員とそのご家族が誇れる企業に、そしてグループ年商150億円を目指します」と話してくれた。今後もほかにない唯一無二の総合物流企業として従業員とその家族、そしてお客様と社会の幸せを実現する企業として業界をけん引してくことだろう。

 

 

-会社概要-

株式会社西和物流

設立日:平成11年2月1日

所在地:磯城郡田原本町阪手630番地

従業員数:60名(グループ12社連結425名)

企業理念:『仲間を大切にし、仲間とともに成長し勝ち抜く』

グループ理念:『日々感謝』

URL:https://www.seiwalogi.com/

「次代を担う人々」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

本社屋上カメラ

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「印象派・光の系譜」展の招待券

クロード・モネ「睡蓮の池」1907年、油彩/カンヴァス、101.5 × 72.0 センチ、イスラエル博物館蔵 Gift of The Jerusalem Foundation from the Sam Spiegel Collection
Photo (C) The Israel Museum, Jerusalem
提供元:主催者
当選者数:2組4人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ