ウェブ限定記事

奈良クラブ試合情報(11/29情報更新)

 

奈良クラブ試合情報

奈良でJリーグをめざすサッカークラブ、奈良クラブの2020年7月から11月までの全試合結果と選手の様子をお届けします。開幕戦に向けた選手のコメントも掲載されたこちらの記事もぜひご覧ください。

 

 

奈良クラブ 試合結果情報

■11月29日 vs MIOびわこ滋賀(草津市、東近江市)

第22回日本フットボールリーグ(JFL)第30節

会場:ならでんフィールド(奈良市)

 

 

結果結果:3-0【勝利】 

奈良クラブ(1前半0)MIOびわこ滋賀(2後半0)

 

得点者:16分 菅野哲也(奈良クラブ)
               65分 菅野哲也(奈良クラブ)
                     90+4分 都並優太(奈良クラブ)

 

 

 

【奈良クラブ 林舞輝監督コメント
試合後に選手には、1年間ありがとうという話と、色々あったけどこのチームの一員で良かったっていう話をした。

 

監督として初めてのシーズンでチームとして結果は残らなかったし、目標は達成できなかったし、良い経験になったとは言えない。こだけど一方で、本当に僕の人生で、一生の財産になるような一年だったとは思います。きっとここで得たものっていうのは、この先、例えサッカーから離れても必ず僕を助けてくれるものだと思うし、自分を支えてくれる経験になったと思う。それは例えば最新の戦術トレンドを知ってるとか理論がああだこうだとか、そういうものとは違う、もっと普遍的なものだと思う。

 

この先サッカーがどう変わろうと、一生僕を支えてくれるものを得た一年だったと思います。 来シーズン以降の奈良クラブに期待することは、継続すること。継続性がこのリーグを戦ってJ3にいく上ではものすごく大きなアドバンテージになる。クラブとファン、サポーター、スポンサー、メディア、奈良県全体がちゃんと信じて、継続することが、何よりJへの一番の近道だと思うし、ぜひ頑張ってほしい。

 

今シーズンは終了です。

来シーズン情報などは、奈良クラブ公式サイトをご覧ください。

 

■11月22日 vs FC大阪(大阪府東大阪市)

第22回日本フットボールリーグ(JFL)第29節

会場:服部緑地陸上競技場大阪府豊中市

 

 

結果結果:1-2【敗北】 

奈良クラブ(1前半1)FC大阪(0後半0)

 

得点者15分 森本良(奈良クラブ)

    24分 川西誠(FC大阪)
     78分 江郷下奨(FC大阪)

 

 

 

▼奈良クラブキャプテンDF4中村謙吾選手から最終戦に向けて動画メッセージをいただきました

 

 

 

【奈良クラブ 林舞輝監督コメント
難しい試合でした。FC大阪さんにとっては、前半に1人退場になったことでまずは点を取られない事、そしてワンチャンス、僕らのミスをついてカウンターを狙うという意識がはっきりした。僕らは逆に、意識しなくても数的有利な分攻められるけどカウンターが怖いし、という風に、意思決定、意思統一が難しかった。
最終戦は昇格も降格もなく、何かかかってる訳ではない。ただ僕らはシンプルに次の試合に勝つというのを向けてやっているので、普通に勝ちにいくだけだと思います。

 

奈良クラブ最終戦は11/29(日)13:00 

ならでんフィールド(奈良市)でキックオフです

詳しくはこちら

 

 

■11月14日 vsHonda FC(静岡県浜松市)

第22回日本フットボールリーグ(JFL)第28節

会場:ならでんフィールド(奈良市)

 

 

結果結果:1-1【引き分け】 

奈良クラブ(1前半1)Honda FC(0後半0)

 

得点者:23分 早坂翔(奈良クラブ)
     45+3分 鈴木雄也(Honda FC)

 

 

 

▼Honda FCでGK31/藤吉皆二朗選手から動画コメントをいただきました。

 

 

【奈良クラブ 林舞輝監督コメント

終わった後に選手が「勝てた試合だった」と思えたことが一番。ネガティブに捉えれば勝てる試合で勝てなかった。ポジティブに捉えれば強いHonda FCさん相手に、勝てたと思える試合が出来たというのが収穫だと思う。

残り2試合となったが、次の試合に勝つというのは変わらない。そこは今年の目標としてずっと掲げているので、みんな次の試合に勝つという目標に向かってくれると思います。

 

次戦は11/22 詳しくはこちらから

 

 

■11月8日 vs東京武蔵野シティFC(東京都武蔵野市)

第22回日本フットボールリーグ(JFL)第27節

会場:武蔵野陸上競技場(武蔵野市)

 

 

結果結果:1-2【敗北】 

奈良クラブ(0前半1)東京武蔵野シティFC(1後半1)

 

得点者:35分 後藤準弥(東京武蔵野シティ)
 55分 島田拓海(奈良クラブ)
    72分 後藤準弥(東京武蔵野シティ)

 

 

 

▼東京武蔵野シティFCでケガから復帰し先発出場したFW16/水谷侑暉選手から動画コメントをいただきました。

 

 

【奈良クラブ 林舞輝監督コメント

前半チャンスを作りながら失点するという展開になり、事前に警戒していた、対策していたはずのカウンターでやられたというのは、本当に不甲斐ない。僕の練習が悪かったと思う。

後半には追いついたもののミスから勝ち越しゴールを許し、結果的にカウンターと自陣でのミスという武蔵野の勝ちパターンにのった展開になってしまった。

 

次戦は11/14 詳しくはこちらから

 

 

■10月31日 vs松江シティFC(島根県松江市)

第22回日本フットボールリーグ(JFL)第26節

会場:松江市営陸上競技場(松江市)

 

 

結果結果: 2-3【敗北】 

奈良クラブ(1前半1)松江シティFC(3後半0)

 

得点者:19分 酒井達磨(松江シティ)

    21分 鈴木一朗(奈良クラブ)
    37分 北原大奨(松江シティ)
    40分 西村光司(松江シティ)
   80分 金聖基(奈良クラブ)

 

 

 

▼vs松江シティFC戦で活躍したFW13/坂本修佑選手から動画コメントをいただきました。

 

 

【奈良クラブ 林舞輝監督コメント

立ち上がりからミスがミスを呼んで、自分たちで自分たちの首を絞めていくという前半で、でもサッカーではそういう試合はある。悪い時が少なければ少ない方がいいのは当たり前だけど、悪くても勝つというのも必要になってくる。そういう意味で未熟だった。後半は一方的に攻める展開となったので、悪いなりに前半を1-1で我慢したり、2-3と押し返したりする強さがあれば、また違ったのかなと思う。
残り4試合となるが、他のチームの結果に僕は何も関与できないし、順位表を眺めていても順位があがる訳ではないので。次の試合に勝つというのは変わらない。僕らがやるべきことをちゃんと集中してやるだけです。

 

次戦は11/8 詳しくはこちらから

 

 

■10月24日 vs FCマルヤス岡崎(愛知県岡崎市)

第22回日本フットボールリーグ(JFL)第25節

会場:ならでんフィールド(奈良市)

 

 

結果結果: 1-0【勝利】 

奈良クラブ(1前半0)FCマルヤス岡崎(0後半0)

 

得点者:45+2分 島田拓海(奈良クラブ)

 

 

 

▼vsFCマルヤス岡崎戦で活躍したMF27/山本宗太郎選手から動画コメントをいただきました。

 

 

【奈良クラブ 林舞輝監督コメント

泥臭いゴールだったが、ゴールに向かう意識というのが大きかったし、ああいうゴールは僕らの、相手が対策できない強みだと思っています。
今日も試合前に「相手よりもドロドロになって帰ってくる、相手よりも汗をピッチに落としてくる、不器用でもいいからガムシャラにやる」というように言いました。その言葉通りの不器用だけどガムシャラなゴールだったと思う。そこは僕ららしくて、良かったと思います。
リードした展開でここまでの試合では勝ちきれていなかったので、そういう成功体験がこの後のリーグ戦でも活きてくると思っています。

 

 

次戦は10/31 詳しくはこちらから

 

 

■10月18日 vs ラインメール青森(青森県)

第22回日本フットボールリーグ(JFL)第24節

会場:カクヒログループアスレチックスタジアム(青森県)

 

 

結果結果: 2-5【敗北】 

奈良クラブ(1前半0)ラインメール青森(2後半5)

 

得点者:45+2分 島田拓海(奈良クラブ)

59分 西山大雅(ラインメール青森)

67分 島田拓海(奈良クラブ)

69分 太田康介(ラインメール青森)

73分 行武大希(ラインメール青森)

90+1分 浜田幸織(ラインメール青森)

90+6分 浜田幸織(ラインメール青森)

 

 

 

▼vsラインメール青森戦で活躍したFW26/島田拓海選手から動画コメントをいただきました。

 

 

【奈良クラブ 林舞輝監督コメント

サッカーは本当に色々あるなと思いました。
ラインメールさんは前の選手達が上手いし、その得点力があるから、後ろがしっかり守れる。いいチームでした。
(1-0で折り返したハーフタイムには)2点目を取りに行け。相手が取りに来るんだからそれをひっくり返せという話をしました。2失点目が本当に痛かった。(ボールが審判に当たって相手ボールから再開になるなど)運がなかった部分もあるし、あそこを守り切れず2失点目してしまうのが僕らの未熟なところ。
(2-2から勝ちにいった中で失点したが)今シーズンはアウェイだろうがどんな相手だろうが、どの試合も勝ちに行くと言っている。
引き分けでよしとせず刺し違える覚悟で攻めて、上手くいったのが宮崎戦。今日は刺し負けた。刺し違える覚悟で攻めた上で、勝ちきれる強いチームになっていかないとけない。

 

次戦は10/24 詳しくはこちらから

 

 

■10月3日 vs ヴィアティン三重(三重県)

第22回日本フットボールリーグ(JFL)第23節

会場:ならでんフィールド(奈良市)

 

 

結果結果: 1-0【勝利】 

奈良クラブ(0前半0)ヴィアティン三重(1後半0)

 

得点者:68分 菅野哲也(奈良クラブ)

 

 

 

▼vsヴィアティン三重戦で活躍したDF5/西村洋平選手から動画コメントをいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【奈良クラブ 林舞輝監督コメント

今日戦ってみてヴィアティン三重さんは本当に良いチームだと思いました。本当にキツかったです。その分だけ嬉しさも大きいです。
今日の試合の勝敗を分けたのは、前の試合で僕らが勝ったこと。(過密日程で)練習なんて何もできないという中で、アウェーで無敗のチームに先制されても逆転勝ちすることができた。あの勝ち方、あの頑張り、あの戦い方が大きかった。あそこで努力に見合った結果が出たので大きな自信が生まれたのだと思います。
このチームには、「JFLで一番強いチームになる必要はない、一番上手いチームになる必要もない、一番戦術的に面白いチームになる必要もない。JFLで一番戦えるチームになろう。一番ハードワークして、一番戦えるチームになろう」と宣言してきた。
それをこの2試合では達成できていて、よかったと思う。

 

次戦は10/18 詳しくはこちらから

 

 

■9月26日 vs テゲバジャーロ宮崎(宮崎県)

第22回日本フットボールリーグ(JFL)第22節

会場:延岡市西階総合運動公園陸上競技場(宮崎県延岡市)

 

 

結果結果: 2-1【勝利】 

奈良クラブ(0前半0)テゲバジャーロ宮崎(2後半1)

 

得点者:73分 梅田魁人(テゲバジャーロ宮崎)

76分 早坂翔(奈良クラブ)

84分 寺島はるひ(奈良クラブ)

 

 

 

▼vsテゲバジャーロ宮崎戦で同点ゴールを決めたMF25/菅野哲也選手から動画コメントをいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【奈良クラブ 林舞輝監督コメント

テゲバジャーロ宮崎は前線の選手が強力で、途中交代の選手のクオリティも高い本当に強いチーム。
特にエリア内ではギリギリの戦いだった。
相手のオフサイドで助かったシーンもあったし、前半はこちらもシュートも中々打てず苦しんだ。
そういった相手にこうやって勝てた事、いい試合ができたと思う。
天皇杯から中2日。1日がオフで、1日は宮崎への移動で、今日が試合。
疲労もある中で、今日は気合だと思っていた。気合で戦った試合だと思う。

 

次戦は10/3 詳しくはこちらから

 

 

9月20日 vs 鈴鹿ポイントゲッターズ(三重県)

第22回日本フットボールリーグ(JFL)第21節

会場:ならでんフィールド(奈良市)

 

 

結果結果: 0-1【敗北】 

奈良クラブ(0前半0)鈴鹿ポイントゲッターズ(0後半1)

 

得点者:48分 菊島卓(鈴鹿ポイントゲッターズ)

 

 

 

【奈良クラブ 林舞輝監督コメント

ホームだし、相手も上位のチームではないので今日の試合は勝たなきゃいけなかった。

(プランとしては)前半0-0でいって、後半から菅野選手や島田選手を投入して(攻撃の)強度を高める狙いだった。
ただ交代で入った選手のコンディションがそこまで良くなくて、思ったようにチームを勢いづけられなかった。
あとは前半0点で凌いだのに後半の立ち上がりで点を取られたことも誤算だった。
14日で5試合という連戦で、やはり選手も疲れているんだろうなと感じる部分が多い。
ただ僕らには天皇杯を捨てるとかそういう考えはなくて、5試合すべて勝つというつもりでやっている。
そちらの方が、勝ちにいって負けた方が学べるものが大きいと思っている。
(連戦も残り2戦)しっかり次の試合の準備をしてやるだけです。

 

次戦は9/26 詳しくはこちらから

 

 

■9月13日 vs ソニー仙台(大分県)

第22回日本フットボールリーグ(JFL)第20節

会場:みやぎ生協めぐみ野サッカー場Bグラウンド(宮城郡)

 

 

結果結果:1-1【引き分け】 

奈良クラブ(1前半0)ソニー仙台(0後半1)

 

得点者:37分 菅野哲也(奈良クラブ)、60分 秋元佑太(ソニー仙台)

 

 

 

▼vsソニー仙台戦で先制ゴールを決めたMF7/菅野哲也選手から動画コメントをいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【奈良クラブ 林舞輝監督コメント

相手のソニー仙台さんは、強度の高い力強いチーム。その力強さに負けちゃいけなかったと思う。
前半はよくリードして帰ってきた。本当によく戦うチームだと思う。
もちろん引き分けで悔しいというのはあるけど、あれだけチーム一丸となって戦っているのは評価できる。
チームは急にはよくならないし、日々の積み重ねでやるしかない。

 

次戦は9/20 ホーム戦です 詳しくはこちらから

 

 

奈良クラブ 9/5試合結果情報

■9月5日 vs ヴェルスパ大分(大分県)

第22回日本フットボールリーグ(JFL)第19節

会場:ならでんフィールド(奈良市)

 

 

結果結果:1-2【敗北】 

奈良クラブ(0前半1)ヴェルスパ大分(1後半1)

 

得点者:12分 中村真人(ヴェルスパ大分)

49分 寺島はるひ(奈良クラブ)

55分 西村大吾(ヴェルスパ大分)

 

狙い通りの鮮やかなセットプレー

 

前半開始早々に好調だった水谷侑暉選手が怪我で退き、厳しい展開に。得点を許す。

 

 

1点を追う奈良クラブは最初のコーナキック、左コーナーからハイボールを警戒する相手DFを欺き、グラウンダーのボールをペネルティーエリア付近正面へ。ここに走りこんだ寺島はるひ選手が鮮やかに蹴りこんだ。

 

 

後半10分に勝ち越しを許し、ゴールに迫ったがあと一歩決めきれず惜敗した。

 

前日にチームで考えたセットプレーが決まるなど、狙い通りのプレーで得点をあげた奈良クラブ。今回の惜敗で学んだことも多く、次戦のプレーにいかしてくれることだろう。

 

▼vsヴェルスパ大分戦でゴールを決めたDF23/寺島はるひ選手から動画コメントをいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【奈良クラブ 林舞輝監督コメント

(シュートを相手より多く放ちながら)決めるとこで決めきれなかったのは僕の責任です。それは練習が悪かったかもしれないし、ロッカールームで振る舞いが悪かったのかもしれないし、戦術が悪かったのかもしれない。勝てなかったって言うのは何かが悪かったということなんで。
ただ前半でエース(水谷)が怪我で交代し、後半は(寺島の)退場もあった中で、諦めないでチャンスを作ってたし、そのメンタルの強さみたいなのはうちの選手のすごいとことかなと思います。

 

次戦は9/13 詳しくはこちらから

 

奈良クラブ 8/29試合結果情報

■8月29日 vs ホンダロックSC(宮崎県)

第22回日本フットボールリーグ(JFL)第18節

会場:生目の杜運動公園陸上競技場(宮崎県宮崎市)

 

 

結果結果:3-0【勝利】 

奈良クラブ(1前半0)ホンダロックSC(2後半0)

 

得点者:1分 金聖基(奈良クラブ)、59分 寺島はるひ(奈良クラブ)、76分 水谷侑暉(奈良クラブ)

 

 

 

▼vsホンダロックSC戦で先制ゴールを決めたDF24/金聖基選手から動画コメントをいただきました。

 

 

【奈良クラブ 林舞輝監督コメント】

前節20本近くシュートを打って1点しか取れなかったので、点を取るという事を1週間意識づけてきたので、3点取って勝てたのは良かった。

2試合連続で主導権を握って最後の最後まで攻め切って終わることが出来た。それだけ攻めれているのはいいことだと思う。

次に向けてもいい準備をしたい。

 

次戦は9/5 ホーム戦です 詳しくはこちらから

 

 

奈良クラブ 8/22試合結果情報

■8月22日 vs 高知ユナイテッドSC(高知県)

第22回日本フットボールリーグ(JFL) 第17節

会場:奈良橿原スタジアム(県立橿原公苑陸上競技場)

 

 

結果結果:1-1【引き分け】 

奈良クラブ(0前半1)高知ユナイテッドFC(1後半0)

 

得点者:10分 長尾善公(高知ユナイテッドFC)

63分 島田拓海(奈良クラブ)

 

豊富な運動量で魅せた圧倒的な攻め

 

奈良クラブは前線からプレスをかけ試合を優位に進めたが、前半10分に左FCから左右に揺さぶられて先制を許す。

 

 

 

後半、奈良クラブは豊富な運動量で攻勢を強め、18分に左からのクロスボールを島田拓海選手がゴールを背に頭で流し込んで同点に。

 

ゴールを決めたFW26/島田拓海選手

 

その後も圧倒的な攻めでチャンスをつくるが、シュートがわずかに外れる。前線からの素早いプレスで試合を優位に進めたが、あと1点が遠かった。

 

悔しい結果だったが、試合内容は素晴らしく、チームは確実に強く成長している。地元出身の島田拓海選手が途中出場からゴールを決めるなど、嬉しい活躍も見ることができた。奈良クラブは流れの中で得点が決まれば勢いに乗る、そんな予感を漂わせた試合だった。

 

▼vs高知ユナイテッドFC戦でゴールを決めたFW26/島田拓海選手から動画コメントをいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【奈良クラブ 林舞輝監督コメント】
カウンターを食らうことを想定した上で、ボールはしっかり運べてたし、チャンスは作れていた。最後点が取れない所、決定機を決めきれないところも含めてサッカー。最後まで戦えるところは良かったですけど、やっぱり勝ちたかったです。

 

次戦は8/29 詳しくはこちらから

 

 

 

ホーム戦8/22(土)

次回の奈良クラブの試合は、ホーム戦で8/22(土)開催。

奈良橿原スタジアムで16時キックオフ。対戦相手は、高知ユナイテッドSC(高知県)です。

 

試合情報の詳細はこちらをご覧ください。

http://naraclub.jp/homegame/sec17/

 

※こちらはリモートマッチ(無観客試合)ですが試合の様子は生中継で見ることができます

 

生中継はこちらの JFL Official Channel から(配信の開始は試合直前の予定です)

 

▼今回の試合に向けて、奈良クラブGK(背番号31)藤吉皆二朗選手からコメントをいただきました。

 

 

藤吉選手:「今シーズンホーム開幕戦を迎えることが出来、嬉しいです。中断明けの初戦は今後のチームの流れを作る上でも大切な試合になってくると思います。チーム一丸で目の前の試合に勝つ! リモートマッチとなりますが、沢山の応援よろしくお願い致します」

 

 

奈良クラブ 7/18試合結果情報

■7月18日 vs いわきFC(福島県いわき市)

第22回日本フットボールリーグ(JFL) 第16節

会場:Jヴィレッジスタジアム(福島県)

 

結果結果:1-2【敗北】 

奈良クラブ(1前半0)いわきFC(0後半2)

 

得点者:1分 鈴木一朗(奈良クラブ)

65分 岩渕弘人(いわきFC)

86分 鈴木翔大(いわきFC)

 

 

 

 

ゴールを決めたDF15/鈴木一朗選手

 

▼vsいわきFC戦でゴールを決めたDF15/鈴木一朗選手から動画コメントをいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【奈良クラブ 林舞輝監督コメント】
サッカーは難しいですね。色々とあの手この手を考えたんですが、押し返せなかったです。 結果は結果で、それ以上でもそれ以下でもないですが、 しっかり出来る限りの準備をして、選手はすべてを出し切ってくれたので悔いはないです。 いわきFCさんが全力を出し切ってやってくれたからこそなので、いわきFCさんには感謝しています。

 

 

ウェブ限定記事

よく読まれている記事