ウェブ限定記事

卒業は一つの節目なんだ問題 - 【奈良デジアンケート】

祝・卒業

通っていた学校や勤め先を巣立ち、新しい環境へと羽ばたこうとしているみなさま、ご卒業おめでとうございます。慣れ親しんだ場所を離れる寂しさ、これから新しいことが始まる期待。そこには、ほんのちょっぴり不安も混ざっているかもしれません。そして、奇しくも平成からの卒業の日も迫ってきています。みんなは、今、どんな気持ちなのかな? みんなにとって「卒業」のイメージって? 聞いてみました、Twitterで。

                        

運動不足を卒業したい

 

卒業といえば「卒業アルバム」

 

さよなら平成。時代の変わり目にわくわく

 

 

「やめる」より「卒業」を選ぶ気持ち

「アイドルがグループを卒業する」、「アナウンサーがテレビの番組を卒業する」、「会社を卒業する」など、学校の教育課程を修了すること以外で、ある状態や習慣を脱することに対して「やめる」ではなく「卒業」という言葉をつかうことがあります。

今年卒業したいことアンケートではアンケートで聞いたところ、57%の人が「運動不足を卒業したい」と回答しました。

北海道では運動不足解消のために馬も走っていました。運動不足は人間だけの問題ではないのですね。

 

 

難産防止に「馬追い運動」 - 北海道の牧場、雪蹴散らす

 

さて、もうすぐ終わりを迎えようとしている平成。アンケートでは23%の人が「さびしさ」を感じている一方、33%は「別に。なにも思わない」、44%は「期待、時代の変わり目を目撃するわくわく」を感じていました。

 

奈良では、奈良漬にまつわるこんなエピソードが。

 

 

平成の思い出胸に - 小さな漬物店に重なった縁/両陛下の食膳に彩り こだわりの奈良漬

 

卒業はいわば一つの節目。何かが終わる寂しさはあるかもしれないけれど、同時に、新しいことが始まる期待や希望、前向きな姿勢や感謝、決意もあります。「やめる」ではなく、「卒業」という言葉で表現しようとしているのは一言では表せないような思いなのかもしれません。

 

奈良デジアンケート、今回は計133名の方にご回答いただきました。ご協力ありがとうございました! 

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「花の郷滝谷花しょうぶ園」入園招待券

プレゼント写真
提供元:花の郷滝谷花しょうぶ園
当選者数:5組10人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報