特集奈良の鹿ニュース

【PRワイヤー】日本赤十字社九州ブロック血液センター

いま、九州でO型の赤血球供給量が急増しています!

O型の献血者がもっと必要です!

2023年11月20日
九州ブロック血液センター

                                       令和5年11月20日

いま、九州でO型の赤血球供給量が急増しています! O型の献血者がもっと必要です!!

 
現在、九州・沖縄においてO型血液の医療機関供給量が急増しています。

通常A型40%、O型30%、B型20%、AB型10%となっていますが、
現在O型の供給割合が急増しているため、献血が追い付かない状況が続いています。

このままの状況が続くと輸血医療に支障をきたす恐れがあります。
つきましては、一人でも多くの献血が必要なため、
皆さまへ広く献血のご協力を呼びかけていただきますようお願い申し上げます。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202311203068-O3-055Nnvz8

 ※O型の供給量が増えている背景には、O型は血液型の分からない患者が
  大量出血等の一刻を争う場合、O型の血液を輸血することもあることから、
  需要が高い状況が続いているものと思われます。

人気記事

  • ならリビング.com
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド