【PRワイヤー】山形県

超大玉の新品種 さくらんぼ「やまがた紅王」がプレデビュー 令和4年6月23日から販売開始!

~山形さくらんぼに超大玉の新たな仲間が誕生~

令和4年6月22日

山形県

報道関係者各位

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M106218/202206222857/:prw:OT1fl:lfVk2EY4.png

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206222857-O2-fND9vG49】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206222857-O3-fh6GAFR9

                      500円玉とのサイズ比較

 

さくらんぼ県山形から、待望の超大玉新品種「やまがた紅王」が、6月23日から先行販売となります。

全国のさくらんぼの7割以上を生産する山形県が満を持して開発したのが、「佐藤錦」・「紅秀峰」に次ぐ第三のさくらんぼ品種である「やまがた紅王」です。これまでのさくらんぼと違う最大の特長は果実の大きさです。果実の大きさは3L(横幅28㎜以上)~4L(同31㎜以上)中心の大玉で、500円玉サイズより大きくなります。また、「佐藤錦」並みの糖度で酸味が少なく、食味良好で、果肉が硬いため日持ち性に優れます。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206222857-O5-d5tXk2gK】【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206222857-O6-TWlPV10Z

「 やまがた紅王」として販売できるのは、「果実の大きさが2L(横幅25㎜以上)以上で、果実の着色割合が50%以上」という品質基準をクリアしたもので、この基準をクリアしたものだけが、商標登録済のロゴマークを付して販売することができます。

令和4年の出荷量は、6トン程度(県全体さくらんぼ収穫量の0.05%)と限られますが、令和5年の本格デビュー以降、出荷量は年々増加していきます。

 

 

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ