【PRワイヤー】公益財団法人自動車リサイクル促進センター

JARCのESG投資 開始3年で100億円到達

無題

持続可能な社会の実現に向けた ESG投資に関するレポートを公表

2022年1月14日
公益財団法人自動車リサイクル促進センター

 公益財団法人自動車リサイクル促進センター(以下、「JARC」。所在地:東京都港区、代表理事:中村 崇)は、「持続可能な社会の実現」に向けたESG投資を開始して3年が経過し、累計の投資額が100億に到達し、2021年12月末では、計12の発行体に対して164億になっております。 
 また、日本のサステナブルファイナンスの発展においては、発行体と投資家との間のエンゲージメント(建設的な対話)も重要であるとの判断から、積極的に取り組んでまいりました。
 今般、それらJARCの取組みをレポートにまとめ、公表いたしました。 

レポート : 「JARCのESG投資」は次のURLを参照ください。 
 ※ https://www.jarc.or.jp/renewal/wp-content/uploads/2022/01/dd0bf09fb6afbd667876cc2817c00c53.pdf

(図表1)ESG投資の累計実績の推移
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201075831-O1-8DqZShjS

<JARCの概要>
 自動車のリサイクルおよび適正処理の促進に関する各種事業を行うことにより、資源の有効な利用の向上および環境の保全に貢献することを目的とする公益法人です。
                                
■所在地:〒105-0012 東京都港区芝大門1-1-30 日本自動車会館11階
■設立: 2000年(平成12年)11月22日
■理事長:中村 崇
■自動車リサイクル法指定法人業務の主務官庁:経済産業省、環境省
■JARCウェブサイト:    https://www.jarc.or.jp/ 
  

本社屋上カメラ

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「印象派・光の系譜」展の招待券

クロード・モネ「睡蓮の池」1907年、油彩/カンヴァス、101.5 × 72.0 センチ、イスラエル博物館蔵 Gift of The Jerusalem Foundation from the Sam Spiegel Collection
Photo (C) The Israel Museum, Jerusalem
提供元:主催者
当選者数:2組4人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ