国原譜

通勤で走り慣れた京奈和自動車道の橿原北…

関連ワード:

 通勤で走り慣れた京奈和自動車道の橿原北インターチェンジ。土砂降りの雨となった5日午前、いつも通り本線に上がろうとスピードを上げると、急ブレーキをかけたような衝撃を受けてハンドルを取られた。

 

 本降りになって15分ほどだったが、猛烈な雨で大きな水たまりができていたらしい。本線も川のようになり、走行に恐怖を感じた。

 

 車の運転に限らず、大雨でどこがどのように変化するのか分かっていれば、備えることができる。役に立つのがハザードマップ(災害予測図)だ。

 

 県内でも各市町村ごとに作成され、ホームページなどで公開されている。洪水ハザードマップには、水害で想定される水位が地図上に色分けされ、その範囲が広いことに驚く。

 

 主要河川に沿った低地では、2階以上に相当する浸水が予想されている地域もある。行政が指定する避難所も確認しておきたい。

 

 河川が氾濫すればインフラの寸断で生活は危機に陥るが、まず大切なのは自分の命を守ること。恐怖を感じるような豪雨は短時間で状況を一変させる。台風シーズンを前に、改めて備えを確認したい。(増)

「防災・減災」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ