国原譜

観測史上最も早い梅雨明けとなった県内は…

関連ワード:

 観測史上最も早い梅雨明けとなった県内は、連日猛暑が続いている。県水道局によると、今のところ水不足の心配はなさそうだが、気を付けたいのが熱中症だ。

 

 暑さや湿気に体が適応できず、体温が上がってさまざまな症状が出る。めまいや筋肉痛、異常な汗などは要注意、症状が進むと意識を失うこともある。

 

 早めの水分補給や日差しを避ける工夫など、基本を再確認してぶっつけ本番となった夏に備えたい。

 

 炎天下や運動中のマスクも熱中症のリスクを高めるが、およそ2年半にわたるコロナ禍は、国民にマスク生活を定着させた。こちらは簡単に変えられそうにない。

 

 厚生労働省は散歩など会話の少ない屋外活動は「マスク必要なし」とするものの、炎天下で行き交う多くの人はマスクをしている。子どもたちも同様で、学校では恥ずかしがってマスクを外さない子どももいるという。

 

 マスク顔を見慣れ過ぎ、取ったときに「はてこんな顔だったか」と思うこともあるだろう。それもいっとき。熱中症は命に関わる。素顔に慣れることから脱マスクを始めてみてはどうだろう。 (増)

「季節の話題」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ