国原譜

記事を読んで「あれ? まだ史跡じゃなか…

関連ワード:

 記事を読んで「あれ? まだ史跡じゃなかったの」と思われた読者も多かったのではないか。大和郡山市の郡山城跡が、国の史跡に指定されることが決まった。

 

 近鉄電車の車窓に石垣や復元櫓(やぐら)が見えるが、一度でも中に入った人なら、構えの大きさに国史跡級と思うのが当然だろう。

 

 3重の堀を巡らせた総構えの堅城で、天守台の眺望は抜群。豊臣秀吉の弟、秀長が居城としたほか、江戸時代には水野や松平など、譜代大名が城主となった。

 

 謎だった天守の規模や構造は、市教委が2014年に行った発掘で遺構が見つかり、5階建ての建物が想定された。秀吉の大坂城や伏見城と同じように金箔(きんぱく)を貼った瓦も出土、その姿がおぼろげながら見えてきた。

 

 史跡指定は遺跡としての解明が進んだ結果で、石垣の修復が終わった天守台は、展望台として来訪者に親しまれている。

 

 筒井順慶が築城を始めて約450年。戦国から安土桃山、江戸へと受け継がれ、大和の政治経済の中心だった郡山城は、国がその重要性を認めた史跡として、これからも力強く歩み続ける。(増)

「大和郡山市」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ