国原譜

時代劇で描かれる江戸時代の盗賊といえば…

関連ワード:

 時代劇で描かれる江戸時代の盗賊といえば、千両箱を担いで逃げるイメージだが、現代のお金で1両はいくらになるのだろう。

 

 歴史学者の磯田道史さんは、米の値段から「価格」と「感覚」で1両の価値をはじき出している。1両は米1石(約150キロ)を買える額といい、5キロ2100円で計算すると6万3千円ほど。

 

 小判1枚が6万3千円と聞くと、何だそんなものかと思いがちだが、「感覚」で計算すると何倍にもなる。

 

 磯田さんによると、江戸の大工見習いが1石の米を得るのに20日間働く必要があるといい、現代の日当を掛けると約30万円。千両箱なら3億円の計算だ。

 

 衆議院の細田博之議長が「議長になっても毎月100万円しかない」と嘆き、物議を醸している。物入りな政治家の目に薄給と映る100万円も、感覚を庶民にスライドさせれば十分高い。

 

 発言は三権の長としての自覚に欠け、「上場会社の社長は1億円は必ずもらう」と続く。江戸の町奉行も現代の価格で年収1億円を超える高給取りだったが、激務のため在職中の死亡率が高かったというから念のため。(増)

「政治家」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ