国原譜

お水取りが終わらないと大和には春がこな…

関連ワード:

 お水取りが終わらないと大和には春がこない、とはよく言ったもので、ここ数日の穏やかな天気と暖かさは、動けば汗ばむような陽気だ。

 

 見渡せば野の花や農業用水のせせらぎも、思わず「春の小川」を口ずさみたくなる。明日は甲子園で、春を呼ぶセンバツ高校野球も開幕する。

 

 来週には、東京あたりで桜の開花宣言が出されるといい、列島を桜前線が駆け巡る。そして卒業式や入学準備など春の行事が目白押しだ。正月と違った晴れやかな季節だ。

 

 2年余にわたって苦しめてきた新型コロナウイルスも、感染者数が減少傾向にあることから、各県で出されていた適用中の「まん延防止等重点措置」も解除の方向という。

 

 コロナで暗い日々を過ごしてきたし、雪国の皆さんは豪雪に苦しめられた。それだけに、春の到来がこんなに待ち遠しかったことはないだろう。

 

 自然や周囲が春の準備を進めているというのに、浮かれた気分になれないのは、ロシア軍によるウクライナ侵攻にある。空爆による市民の犠牲者のことを聞けば、この怒りをどこにぶつけたらよいかと思う。(治)

「季節の話題」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ