国原譜

前行を含め1カ月にわたる東大寺のお水取…

関連ワード:

 前行を含め1カ月にわたる東大寺のお水取りは、ひときわ大きな籠たいまつが二月堂に上がり、終盤を迎えた。11人の練行衆(れんぎょうしゅう)は、満行の15日未明まで、昼に夜に人類の平和を祈り続ける。

 

 昭和20年3月13日深夜、行に励む練行衆に空襲警報の知らせが入った。大阪に初めて大空襲があった夜で、明かりが漏れないよう、二月堂の扉を目張りして行を続けたという。

 

 爆撃は翌14日未明まで続き、きょう13日で77年を迎えた。一夜にして約4千人が犠牲になったとされ、大規模な空襲は終戦間際まで続いた。

 

 二月堂に隣接する法華堂に焼夷(しょうい)弾が落ちたら行中でも消火に行くのか、この年のお水取り前にはそんな相談もしたと、同寺の故橋本聖準長老がインタビューで明かしている(小学館「東大寺お水取り」)。

 

 法華堂はもちろん、焼夷弾は二月堂に落ちる可能性もあった。行の継続には相当な覚悟が必要だった。

 

 奈良時代以来、途切れることなく続いたお水取りと共に平和があり、平和があるからお水取りがある。ウクライナの惨状を前にそう考えた。(増)

「伝統行事」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ